- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー対ボルグ? 5連覇の両者を徹底比較

(イギリス、ウィンブルドン)

日曜日に行われたウィンブルドン男子決勝で、世界王者のR・フェデラー(スイス)が見事5連覇を達成した。これでフェデラーはB・ボルグ(スウェーデン)の記録に並んだが、その両者の長所と短所の分析が試みられた。結果は以下の通り。

【長所】

■フェデラー
ダイナミックにコートを広く使ったオールラウンドなプレー。ベースラインからのプレーとサーブ&ボレーをうまく織り交ぜることができる。このためフェデラーは試合のペースを自在に変えることができ、これが過去の多くのチャンピオン達と同様、彼のプレーを予測困難にしている理由である。
R・レーバー(オーストラリア)以降、優雅かつ自然、そして射止めるバックハンドを持つ選手は現れていないが、フェデラーのフォアハンドは破壊力があり、フラットでパワーがある。コート上の動きも俊敏で、精神的にもタフで冷静だ。

■ボルグ
すばやく優美な動きでコートを飾る。素晴らしい両手打ちのバックハンドと正確なフォアハンドを持つ。重いトップスピンのボールを繰り出すところは、どちらかというとクレー向きで、全仏では6度優勝している。
ボルグの素晴らしさは、2週間で全仏オープンからウィンブルドンへ、プレースタイルをクレーから芝に調整できるところにある。ボルグはそのコートでのプレーが常に冷静沈着なことから「アイスボルグ(氷のボルグ)」として知られる。

【短所】

■フェデラー
短所はほとんどないが、全仏では史上最強のクレースペシャリスト・ナダルに敗れ、優勝できていない。また第1サーブに改良の余地があるだろう。フェデラーのサービスは時速約125マイル(201キロ)だが、元王者のP・サンプラス(アメリカ)は平均で130マイル台代半ば(210キロ)を記録していた。
また時々コート中央からのアプローチでリズムを失ったり、セットの中盤で集中力が切れる傾向にある。

■ボルグ
人生最大の謎の1つかのようにボレーを扱う。ネットにはほとんど出ないためゲーム展開の予測が容易。それでもゲーム展開は依然として素晴らしい。フォアハンドはループスイングのため、速いコートではしばしば対応が遅れてしまう。

<判定>
もしボルグとフェデラーが現代のラケットを使って、同時代に闘っていたとすれば、素晴らしいライバル関係にあっただろう。ボルグの正確無比なグランドストロークとカウンターアタックに対し、フェデラーの持ち前の品格とコートを全面に使う眼識。テニス界最強のフットワークのよさを持つ両者が対戦していればどんなに面白かったことだろう。

勝つのはどちらか?判定は難しい。その日のコンディションやサーフェスによっても異なるだろう。ボルグの持つ最強の正確さはクレーで発揮され、フェデラーのオールラウンドなプレーはより速いコートで有効だろう。フェデラーにはナダルというライバルがおり、ボルグはJ・コナーズ(アメリカ)J・マッケンロー(アメリカ)がいた時代にウィンブルドン5連覇を飾っている。確実に言えるのは、ボルグもフェデラーもテニス界史上で偉大な選手であるということである。

(2007年7月9日20時57分)
その他のニュース

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

10月12日

ズベレフ 上海マスターズ決勝へ (22時26分)

【1ポイント速報】準決勝2試合 (22時10分)

メドヴェデフ 6大会連続決勝へ (19時25分)

ケルバーとシャラポワが欠場 (16時00分)

15歳ガウフ、ベルテンス破り4強 (14時34分)

日比野/加藤組が決勝へ進出 (12時56分)

ティーム破りATP1000初4強 (11時29分)

4強へ「前だけを見ている」 (9時59分)

ジョコ撃破「難しかった」 (8時31分)

ジョコ「勝者にふさわしい」 (7時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!