- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー5連覇 ナダル惜敗の準優勝◇ウィンブルドン

(イギリス、ウィンブルドン)

ウィンブルドン最終日、男子シングルス決勝はR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)の二人がB・ボルグ(スウェーデン)の記録に並ぼうとしていた。フェデラーが勝てばボルグ以来となるウィンブルドン5連覇、ナダルが勝てば同じくボルグ以来となる全仏・全英の同一年制覇を実現することになっていた。

昨年の決勝と同じカードとなったこの対戦は、芝での実力をめきめきとつけてきたナダルが時として優勢となる緊迫した試合展開となったが、フェデラーが7-6 (9-7), 4-6, 7-6 (7-3), 2-6, 6-2の4時間に及ぶ熱戦を制し、見事優勝を遂げた。第4セットでは珍しく集中を失い、第5セットでも先にブレークチャンスを与えるなど、特に後半にかけて難しい局面を切り抜けて勝ち抜いた王者の目には涙が輝いていた。
「今日はとても接戦で、ナダルが勝っていてもおかしくない試合だった。僕が少しだけ運が良かっただけだ。」と、フェデラーもナダルの善戦ぶりを讃えた。
「雨にたたられてとても辛い毎日だったが、2週間試合を続けられて嬉しい。また来年もやって来る。」と、敗れたナダルは準優勝の喜びを語るが、その表情には悔しい思いを隠しきれなかった。

第1セットは互いに1度ずつブレークを決め、タイブレークの末にフェデラーが取った。しかし、特にベースラインからの攻めが冴えるナダルが第2セットの第10ゲームの大事なところでフェデラーをブレークして1セットオールに持ち込むと、試合は次第に長期戦の様相を示してきた。
第3セットの第1ゲームでフェデラーはブレークチャンスを握るが、それを逃すと、ポーカーフェースとも言われる王者の顔にも苛立ちが見え始めた。結局このセットは両者全てサービスキープでまたもタイブレークに。そうなるとサービスエースでは大きく勝るフェデラーが優勢に進めてセットを取った。
しかし、ナダルはそれくらいではひるまない。第4セットではいきなりフェデラーをブレークし、一気に4-0のリード。2度目のブレークでは、ホークアイの判定に納得がいかないフェデラーが、「ホークアイのおかげで今日はめちゃくちゃだ。機械を止めてくれ!」と、極度の苛立ちを露わにする場面も見られた。集中力を失ったフェデラーには反撃にでるだけの余裕はなく、試合はファイナルセットへと持ち込まれた。
第5セットはフェデラーのサーブで始まったが、ナダルの優勢に変わりはなく、先にブレークチャンスを奪った。しかし、ナダルが4度のブレークチャンスをふいにすると、すかさずフェデラーがナダルをブレークして形勢を変え、その後はようやくリズムを取り戻して、王者たる貫禄を示した。

これにより、フェデラーはナダルとは5勝8敗、ウィンブルドンでは2003年から実に5年連続の優勝、グランドスラムは11度目のタイトルとなった。芝での連勝記録も54勝へと伸ばした。
「これからどれだけ記録を続けられるか分からないけど、精神的・肉体的にもまだまだ大丈夫だ。まずは僕のヒーローでもあるP・サンプラス(アメリカ)の持つグランドスラム14タイトルに並びたい。」と、フェデラーは自らの記録をさらに伸ばしたいと抱負を語った。

この日はボルグ始め多くのウィンブルドン・チャンピオンたちが、客席や解説席から新たなテニスの歴史が刻まれるのを見守っていた。

(2007年7月9日8時29分)
その他のニュース

10月15日

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

10月12日

ズベレフ 上海マスターズ決勝へ (22時26分)

【1ポイント速報】準決勝2試合 (22時10分)

メドヴェデフ 6大会連続決勝へ (19時25分)

ケルバーとシャラポワが欠場 (16時00分)

15歳ガウフ、ベルテンス破り4強 (14時34分)

日比野/加藤組が決勝へ進出 (12時56分)

ティーム破りATP1000初4強 (11時29分)

4強へ「前だけを見ている」 (9時59分)

ジョコ撃破「難しかった」 (8時31分)

ジョコ「勝者にふさわしい」 (7時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!