- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヴィーナスが2年ぶり4度目のウィンブルドン優勝

(イギリス、ウィンブルドン)

ウィンブルドンは12日目の7日、女子シングルス決勝を行い、V・ウィリアムズ(アメリカ)M・バルトリ(フランス)を6-4, 6-1で下し、見事4度目の栄冠に輝いた。ヴィーナスはこれが6度目のウィンブルドン決勝だった。

怪我のため世界ランキングも落ちていたヴィーナスは今大会第23シード、相手のバルトリも第18シードと、これはウィンブルドン史上で最も下位選手同士の決勝となった。しかし、その長い怪我を克服してのウィンブルドンタイトルだけに、ヴィーナスの喜びもひとしおだった。
「とにかく沢山の人に感謝したい。とくに妹のセリーナは、全豪オープンで優勝して、私に勇気とやる気を与えてくれた。怪我で苦しんでいるときも、家族の暖かい目があった。長いつらい時期だったけど、こうしてここに立てるのはとても嬉しい。4度目の優勝は、もちろん私ならできると信じていたけど、本当にそれが実現するのは別次元の話よ。」と、興奮冷めやらずヴィーナスは語った。

2000年、2001年、2005年にこの聖地を制したヴィーナスが、再び栄冠に輝いた。今季は手首の怪我で序盤戦を欠場。復帰後も以前の強さは影を潜めていたが、今大会では試合を重ねるごとに女王として存在感を強めていった。

決勝では、初のグランドスラム決勝に臨んだ22歳のバルトリと対戦。相手の動きに硬さが見られるうちに3−0とリードした。その後、緊張の取れたバルトリに追いつかれるものの、第10ゲームをブレークして第1セットを奪った。

第2セットではヴィーナスが3−0と先行したところで、バルトリが足のまめを治療。同時にヴィーナスも左太ももにテーピングを施すが、その後もヴィーナス優勢の流れは変わらず、最後はバルトリのボディを狙ったサーブが決まり、4度目の芝の女王の座を勝ち取った。

一方のバルトリは、2週目に入っても優勝候補の一角にさえ入っていなかったが、前哨戦からの好調さを維持し、強豪を次々と倒すと昨日は優勝候補筆頭と見られていたJ・エナン(ベルギー)を倒す大波乱を演じた。しかし、その大一番の疲れからは脱しきれていなかったようで、今日はただただヴィーナスのプレーに圧倒された。
「ヴィーナスのテニスは信じられなかった。あれだけボールのリーチが広いなんて、人間業ではないわ。しかも返ってくるボールがもっとハードだもの。私も全力をつくしたけど、お手上げだった。」と、絶好調のヴィーナスには歯が立たないとバルトリは語った。「でも、来年もここに戻ってくることができれば、ぜひトロフィーを手にしたい。」と、自身最高のグランドスラムをくくった。

(2007年7月7日23時57分)
その他のニュース

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【告知】大坂vsトモワ (17時24分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!