- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワがUSオープン初優勝 第2の故郷で栄冠

(アメリカ、ニューヨーク州フラッシング)

ついにシャラポワが2度目のグランドスラム制覇を成し遂げた。

USオープン大会13日目、USTA・ビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンター、アーサー・アッシュ・スタジアムで行われた女子シングルス決勝で、第3シードのM・シャラポワ(ロシア)が第2シードのJ・エナン(ベルギー)=アルデンヌを6-4, 6-4のストレートで破り、USオープン初優勝を決めた。

過去1勝4敗と負け越していたエナン=アルデンヌ相手に、無理してハードヒットせずに、自らのペースでラリーする作戦を貫き、速攻をしかけてくる相手を翻弄した。優勝が決まった瞬間、シャラポワはコートに膝まづき顔を両手で覆って喜びをかみ締めた。

見事USオープン初優勝を決めたシャラポワは、 「(優勝は)ものすごく名誉なこと。私のもっとも好きな街、ニューヨークのファンの前で(優勝を)達成できて本当に嬉しいです。」と無邪気に喜びを表現していたが、意外にも優勝スピーチでシャラポワが最初に感謝の意を表明した相手はB・J・キング氏だった。「まず、B・J・キング氏に敬意を表したいと思います。彼女がいなかったら今の私は存在していないでしょう。彼女がスポーツに果たした役割と、世界中の女性のために尽力してきた事実は、とてつもなく素晴らしいものです。」とても19歳とは思えぬそのスピーチは、シャラポワがテニスにおいてだけでなく、社会
的にも立派な女性に成長していることを証明するものだった。

一方のエナン=アルデンヌは、「今夜の彼女(シャラポワ)はすごいファイターだった。」と、シャラポワを称えていた。

17歳でいきなりウィンブルドン優勝を果たしたシャラポワだが、ウィンブルドン制覇以降、安定した実力でベスト4までは進むものの、その先へ進むことが出来ずにいた。勝てないシャラポワに、「綺麗なだけ」「人気先行型」と一部から非難の声が上がりはじめる。しかし今大会、第1シードのA・モレスモ(フランス)、第2シードのエナン=アルデンヌを撃破し優勝したことで、そんな雑音を完全に払拭し、シャラポワ時代到来を強烈に印象付けた。

グランドスラム初優勝から2年と3ヶ月。19歳に成長したシャラポワは、新たな勲章を胸に第2章へと突入する。

(2006年9月10日13時05分)
その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!