- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒンギス敗れる 18歳イバノビッチが圧勝でビッグタイトルを獲得

(カナダ、モントリオール)

ロジャーズ・カップ(賞金総額134万ドル、ティア1)は、月曜日、前日の雨で順延となった決勝戦が行われ、第13シードのA・イバノビッチ(セルビア)が第7シードのM・ヒンギス(スイス)を6-2, 6-3のストレートで下し、嬉しいビッグ・タイトルを手にした。

18歳のイバノビッチは2005年の1月にキャンベラのティア4大会で初優勝を上げているが、自己2度目の優勝がティア1と言うグランドスラムに次ぐ大会での優勝となった。一方、敗れたヒンギスはグランドスラム5回を含む41回の優勝経験があったが、この日は勢いのある若さの前にあえなく42度目の栄冠を逃してしまった。

「この優勝でさらに自信がついたし、トップ選手の仲間入りができたと思う。とても大きなステップになった。今はとにかく嬉しいだけ。でもこれからさらに努力して向上していきたい。」と、喜び溢れる笑顔でイバノビッチは語った。

ヒンギスは今大会1999年、2000年と連覇を達成していたが、足首と足の怪我のため3年以上のツアー離脱を余儀なくされ今シーズンの初めから復帰を果たしていた。その後2月のインドアの東京でE・デメンティエワ(ロシア)に敗れて準優勝、5月のクレーのローマではD・サフィーナ(ロシア)を下し復帰後初優勝を飾っていた。
この日のヒンギスは、終始イバノビッチに押されての試合展開で、第1セットの第1ゲームからきなりブレークを奪われリードされ、その後も劣勢のまま試合が運ばれた。イバノビッチは9回あったブレーク・ポイントを4回成功させたが、自身のサービス・ゲームではヒンギスに1度もブレーク・ポイントを与えることのない完璧な勝利だった。
「私も出来る限りのことはしたけど、彼女のリターンが強烈だった。USオープンのドローでは、彼女(イバノビッチ)とは離れていたいわ。」と、ヒンギスもこの日の試合内容には完敗を認めたようだ。

しかし、今回の準優勝の結果、ヒンギスは世界ランキングが9位と、2002年以来となるトップ10復帰を果たすことが決まった。同時にL・ダベンポート(アメリカ)が10位外になるため、現行のコンピューター・ランキング・システムが導入された1975年以来初めてトップ10にアメリカ勢が一人もいなくなる。
「モントリオールで決勝進出できたこと自身はもちろんポジティブに捕らえるけど、同時に冷静さを失ってはいけないわ。グランドスラムで優勝、またはトップ10をキープするという目的の実現のためには、こうした結果を繰り返し出していかないといけないわ。」と、ヒンギスはまだまだハングリーな一面を見せた。

この日は、同様に前日から順延されていたダブルスの決勝も行われ、ノーシードのM・ナブラチロワ(アメリカ)N・ペトロワ(ロシア)組が第2シードのC・ブラック(ジンバブエ)A・グローネフェルド(ドイツ)組を6-1, 6-2の圧勝で下し、見事優勝を決めた。これでナブラチロワはダブルス176勝となった。

(2006年8月22日9時10分)
その他のニュース

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【告知】大坂vsトモワ (17時24分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!