世界400位が第1シード撃破の金星

ゲッティイメージズ
世界5位ペグラを下したクルニッツ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのリベマ・オープン(オランダ/スヘルトーヘンボス、芝、WTA250)は13日、シングルス2回戦が行われ、プロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)を使用し出場した世界ランク400位のA・クルニッツ(セルビア)が第1シードで同5位のJ・ペグラ(アメリカ)を7-6 (7-3), 6-7 (3-7), 6-4のフルセットで破る金星を挙げ、2018年以来6年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

>>大坂 なおみvsアンドレースク 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、クルニッツらリベマOP組合せ<<

2018年大会では決勝でK・フリッペンス(ベルギー)を下しキャリア初のツアー優勝を飾ったクルニッツ。今大会の1回戦では世界ランク147位のJ・ポンシェ(フランス)を4-6, 6-2, 6-1の逆転で下し初戦を突破した。

そしてペグラと顔を合わせた2回戦の第1セット、互いに1度ずつブレークを奪い合いタイブレークに突入。クルニッツは3-3の場面から4ポイントを連取し先行する。しかし、続く第2セット、再びタイブレークにもつれ込むと3度のミニブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、第1・第2ゲームでブレークポイントを握り合うも両者サービスゲームをキープ。直後の第3ゲームでクルニッツが先にブレークに成功するとその後はブレークを許さず、2時間44分の激闘を制した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにクルニッツのコメントを掲載し「芝で彼女(ペグラ)に勝つには間違いなく多くのことが必要になる。今日は自分の全てを出し切ったと思う。これ以上のことはできなかった。今日は自分の100パーセントの力でプレーできた」と語った。

勝利したクルニッツは準々決勝で予選勝者で世界ランク138位のD・ガルフィ(ハンガリー)と対戦する。ガルフィは2回戦で第5シードのV・クデルメトバを6-3, 3-6, 7-5のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのL・サムソノヴァ、第3シードのE・アレクサンドロワ、世界ランク173位のR・モンゴメリー(アメリカ)が8強に駒を進める。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・大坂 なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強
・大坂 なおみ 芝のプレーに「自信」
大坂なおみ「もっと上に行ける」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月14日13時03分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)