ジョコ完勝 西岡良仁を称賛

ゲッティイメージズ
(左から)西岡良仁とジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、室内ハード)は20日、グループAの日本vsセルビア シングルス第2試合が行われ、世界ランク2位のN・ジョコビッチ(セルビア)が同73位の西岡良仁を6-1, 6-2のストレートで下した。

この日、1時間7分で圧勝したジョコビッチは会見で「緊張感のある出だしだった。コートや照明に慣れるのに時間がかかった。西岡はとてもやっかいな選手で、今まで対戦したことはなかったけど、ツアーで最も足の速い選手」と語った。

「僕はデビスカップを多く経験している。初めてプレーした時は16歳だった。観衆は素晴らしく、たくさんの応援をしてくれる。僕らは今週をとても楽しみにしている」

日本は0勝2敗で、予選ラウンドロビン敗退が決定した。

20日に行われた日本vsセルビアの結果は以下の通り。

シングルス1:杉田祐一 2-6, 4-6 F・クライノビッチ(セルビア)
シングルス2:西岡良仁 1-6, 2-6 N・ジョコビッチ
ダブルス:内山靖崇/ マクラクラン勉 6-7 (5-7), 6-7 (4-7) J・ティプサレビッチ(セルビア)/ V・トロイキ(セルビア)

グループAの代表メンバーは以下の通り。

【日本】
西岡良仁
内山靖崇
杉田祐一
ダニエル太郎
マクラクラン勉

【フランス】
G・モンフィス(フランス)
B・ペール(フランス)
JW・ツォンガ(フランス)
PH・エルベール(フランス)
N・マウー(フランス)

【セルビア】
N・ジョコビッチ
F・クライノビッチ
D・ラヨビッチ(セルビア)
J・ティプサレビッチ
V・トロイキ

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・西岡「不愉快な試合でした」
・ジョコ 引退発表は「驚いた」
・錦織の棄権 ジョコ「気の毒」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月21日7時35分)
その他のニュース