元世界2位 最終戦について語る

ゲッティイメージズ
フォール・オブ・フェイムのリー・ナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは20日に公式サイトで、2019年にインターナショナル・テニス・フォール・オブ・フェイムに登録された元世界ランク2位のリー・ナ(中国)のコメントを掲載した。

WTAは「2011年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で優勝を果たし、その後すぐに引退をしたリー・ナは、今年から会場を中国に移す女子テニス最終戦のWTAファイナルズ・深セン(中国、室内ハード)に思いを寄せている」と記載した。

リー・ナは「これはファンだけでなく、選手たち、特に若いアスリートたちにいいことだと思っている。トップ選手たちを間近で見れる。コート上だけでなくコート外でのプロとしての彼らを見ることができる」と語った。

また、若い子供たちに対して「もし彼らが何か一つやろうと決断したならば、諦めないで突き進んでいってほしい。とてもつらい道のりなのはわかっているけれど、自分を信じてほしい。人は自分が思っているよりも強いのだから」と激励を飛ばした。

「私がグランドスラムで優勝した後、おそらくツアーは中国の女子たちにとってやりやすくなったと思う。若い女子たちがそう思っているはず。男子はまだ少し厳しいところがある」

「WTAは若手を助けるのにいい仕事をしていると思う。テニスはコート上だけではなくコート外でも行われる仕事。会見やメディアに話をしたりする。WTAファイナルズにジュニアたちを連れていき、トップ選手を見せることはとても重要。プロのツアーというのがどういうものなのかを見ることができる」

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ「自分が幸運」
・リー・ナのテニス人生が映画化
・錦織は「大きな子ども」と大坂

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月21日17時06分)
その他のニュース