国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界ランクや年齢での判断「失礼」

エマ・ナヴァッロ、ココ・ガウフ
試合後のナヴァッロとガウフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は日本時間8日(現地7日)、女子シングルス4回戦が行われ、第2シードで世界ランク2位のC・ガウフ(アメリカ)は第19シードで同17位のE・ナヴァッロ(アメリカ)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、大会初のベスト8進出とはならなかった。敗れたガウフは試合後の会見で「ランキングや年齢で判断するのは失礼だ」と明かした。

>>【動画】世界2位ガウフ撃破、同胞ナヴァッロがウィンブルドン8強入り決めた瞬間<<

>>ルバキナ、パオリーニ、ナヴァッロら ウィンブルドン組合せ<<

20歳のガウフは2019年の同大会で15歳ながら四大大会デビューを果たすと、ベスト16に進出し鮮烈な印象を与えた。その後も経験を積み、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝、今シーズンは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でいずれも4強入りを飾り、今大会は第2シードとして参戦した。

今大会では1回戦で世界ランク51位のC・ドールハイド(アメリカ)、2回戦で同142位のA・トドーニ、3回戦で同298位のS・カルタル(イギリス)と対戦。全てストレート勝ちで3年ぶり3度目の16強入りを決めた。

そして同国対決となったこの日、ガウフはファーストサービスが入ったときに70パーセントの確率でポイントを獲得するも25本のアンフォーストエラーを犯すなどミスが目立つ。自身は1度ブレークを奪うもリターンゲームでは3度のブレークを許し1時間14分で力尽きた。

試合後の会見でガウフは“今日、あなたがトップシードに残った数少ない選手の1人だったということはどれほどあなたの心に残りましたか? 女子テニスではそれほど珍しいことではないことは知っていますが、それがプレッシャーや何か影響を与えましたか?”と質問を受け次のように答えた。

「そういったことは特にない。なぜなら、私は誰が勝ってもおかしくないようなグランドスラムをたくさん見てきたし、プレーしてきたからね。シードは単なる数字。1回戦で他のシードと対戦しないというアドバンテージに過ぎない。負けないという意味ではない。多くのシード選手が敗退するのを見てきた。ディフェンディングチャンピオンが敗退するのを見てきた。それは何の意味もない。私のドロー側の選手はそれほど有名ではないかもしれないけど才能があると思う」

「それは、テニスファンが多くの選手に対して少し失礼なことだとも思う。多分、そこにランキングは関係ない。でもレベルはある。そして彼女らがここにいるのには理由がある。そこにいるに値する。簡単なドローはない。楽勝などない。これは競争の激しいスポーツ。みんな勝ちたいの。私にもランキングが下で無名だったときもあった。“この子は何位で、この年齢だから勝てるはず”と言うのは失礼だと思う。そんなことはない。私は何事においても自分のシードを考慮に入れない。 私はランキングや対戦相手に関係なく、どの試合にも競争心を持って臨んでいる」

なお、勝利したナヴァッロは準々決勝で第7シードのJ・パオリーニ(イタリア)と対戦する。パオリーニは4回戦で第12シードのM・キーズ(アメリカ)と対戦し、6-3, 6-7 (6-8), 5-5とした時点でキーズが途中棄権したため勝ち上がりを決めた。

同日には世界ランク37位のD・ヴェキッチ(クロアチア)と予選勝者で同123位のL・サン(ニュージーランド)が8強に駒を進めた。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ジョコ「テニスは絶滅の危機」
・マレー 思わぬ形でウィンブルドン終了
・シナーやジョコら16強出揃う

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月8日12時59分)

その他のニュース

7月18日

ズベレフ「かなり痛みを感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

【動画】ナダルとルードが圧倒!ダブルス1回戦のハイライト! (0時00分)

【動画】ナダルに熱狂!異例の客入りとなった満員の観客席! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!