国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

重要局面で誤審「審判も人間」

アレクサンダー・ズベレフ
主審とボール跡を確認するズベレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)は第3シードのC・アルカラス(スペイン)に3-6, 6-2, 7-5, 1-6, 2-6のフルセットの死闘の末に敗れ、四大大会で2度目の準優勝となり、初優勝とはならなかった。試合後の会見でズベレフはファイナルセットでの誤審について「審判だってミスをする。彼らも人間だからね」と語った。

>>【画像】重要な局面で誤審、テレビ中継で放送された画像ではわずかにアウト<<

>>アルカラスが初優勝 全仏OP組合せ・結果<<

世界ランク4位で27歳のズベレフは今大会、1回戦で元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を下し初戦を突破すると、その後2回戦で世界ランク115位のD・ゴファン(ベルギー)、3回戦で第26シードのT・フリークスポール(オランダ)、4回戦で第13シードのH・ルーネ(デンマーク)、準々決勝で第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、準決勝で第7シードのC・ルード(ノルウェー)を下し、大会初の決勝進出を決めた。

世界ランク3位のアルカラスと顔を合わせた決勝戦の第1セット、3本のウィナーに対し10本のアンフォーストエラーを犯したズベレフは3度のブレークを許し先行される。それでも第2セット、第5ゲームでアルカラスのミスを誘い先にブレークを果たすと第7ゲームでもブレークを奪い1セットオールに追いつく。

そして第3セット、ズベレフは第6ゲームで先にブレークを許すも、第9ゲームでブレークバックに成功。第11ゲームではラリー戦を制して2度目のブレークを奪い、セットカウント2-1と勝利に王手をかける。

しかし第4セット、第2ゲームでアルカラスにパッシングショットを決められブレークされると、そのまま4ゲームを連取される。その後1度はブレークを返すも追いつくことはできず、勝負はファイナルセットにもつれ込む。

迎えたファイナルセット、ズベレフは第3ゲームで先にブレークを奪われるも直後の第4ゲームでブレークバックのチャンスを得る。40-15とした場面ではアルカラスのセカンドサービスを線審がフォルトの判定。ダブルフォルトによりズベレフがブレークバックに成功したかに見えたが主審がボールの跡を確認し判定をインに覆した。

しかし、その後、テレビ中継で流れたビデオ映像ではわずかにアウトとなっており、実際はフォルト。重要な局面でブレークバックとなるはずだったが、試合はそのまま行われ、結果的に第7ゲームで2度目のブレークを許したズベレフは4時間19分で力尽きた。

ズベレフは2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続き、四大大会で2度目の準優勝となった。

試合後の会見でズベレフは「今日は全力を尽くしたと思う。第5セットでは不運な瞬間もあった。(ゲームカウント)2-1でセカンドサーブがアウトになったと聞いた。ホークアイの映像から、そのことが分かった。僕はそこでブレークしていたかもしれないけど、それが現実。彼は素晴らしいプレーをした。第4セットと第5セットは僕よりも良いプレーをしていた。それが現実なんだ。今回のグランドスラム決勝では全力を尽くしたと感じている。全米オープンでは自分に負けてしまったような感じだったので少し違う」とコメントした。

また、ファイナルセットで起きた誤審について質問を受けたズベレフは次のように答えている。

「第5セットで(ゲームカウント)3-1で負けているのと2-2に追いついているのとでは違いがある。それは決定的な違いだね。フラストレーションがたまるけど、それが現実。審判だってミスをする。彼らも人間だからね。でも、もちろん、ああいう状況ではミスがないことを願うものだね」

一方、優勝を飾ったアルカラスは全仏オープン初制覇。四大大会では2022年の全米オープン、2023年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続き3つ目のタイトル獲得となった。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・アルカラス、ナダル抜く史上最年少記録
・アルカラス 死闘制し全仏OP初V
・ズベレフ 全仏OP準V「戻ってくる」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年6月10日8時53分)

その他のニュース

6月23日

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!