国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

誤審が影響「全く違う結果になった」

ステファノス・チチパス
決勝に進出したチチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス準決勝が行われ、第12シードのS・チチパス(ギリシャ)が第2シードのJ・シナー(イタリア)を6-4, 3-6, 6-4のフルセットで破り、2022年以来2年ぶり3度目の決勝進出を果たすとともに大会3度目の優勝に王手をかけた。試合後の会見で勝利したチチパスはファイナルセットでの誤審について言及した。

>>【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面<<

>>ルードvsチチパス、モンテカルロMS決勝 1ポイント速報<<

2021年と2022年に同大会2連覇を飾っているチチパスだが、今季はマッチ11勝6敗と少し苦しみ、世界ランクもトップ10から陥落し12位へと下げているなかで今大会を迎えた。

それでも、今週は1回戦で世界ランク34位のL・ジェレ(セルビア)、2回戦で同31位のT・M・エチェベリー(アルゼンチン)、3回戦で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝で第15シードのK・ハチャノフをいずれもストレートで破り4強入り。クレーコートが得意な強敵を下してきた。

そして準決勝、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で自身初となる四大大会制覇を達成し、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)と先月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)でも優勝を果たすなど絶好調の22歳シナーと顔を合わせた。

第1セット、チチパスは第3ゲームでブレークに成功し先行する。しかし、続く第2セット、開始から3ゲームを連取されるとリターンゲームで6度のブレークチャンスを活かせず、1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、チチパスは第1ゲームでいきなりブレークを許す。そして第5ゲーム、ブレークポイントを握られた場面でチチパスのセカンドサービスを返球したシナーがその後のストロークをミスしこのポイントを凌ぐ。シナーはこのセカンドサービスがフォルトであったと主審に告げるもプレーを止めずに続けてしまったため、ポイントはそのままチチパスに入った。

機械によるチャレンジシステムが採用されていない今大会だが、中継で流れた機械映像ではチチパスのサービスがフォルトであったことが映された。本来はチチパスのダブルフォルトによりシナーが2ブレークアップとなっていただけに大きな誤審となった。

結局このゲームはチチパスがキープ。するとシナーは直後の第6ゲームから右脚に痙攣を起こしはじめ、第7ゲーム終了後にメディカルタイムアウトを取り治療。治療後も本来のプレーができないシナーに対し第7ゲームから4ゲームを連取したチチパスが2時間40分で勝利した。

試合後の会見でチチパスは「とても安定していて、ショットの質も素晴らしかった。最初から最後までクリーンな試合ができた。クロスでのプレーもダウン・ザ・ラインでのプレーと同じくらい良かった。最初からゾーンにいるような感じで、とてもいい感じだった。第3セットでも良いスタートを切ることが重要だった」と試合を振り返った。

また、ファイナルセットでの誤審について言及したチチパスは次のように答えた。

「僕よりも相手に大きな影響を与えたかもしれない。あの瞬間、僕は既にブレークダウンしていた。もちろん、2度ブレークを許せば楽になるわけではないからね(笑)。あそこでサーブをキープするだけでも重要だった。あれがコールされていたら、試合は全く違う結果になっていたと思う」

「クレーコートには他のサーフェスでは見られないおかしなことがたくさんある。その1つがラインコールであり、コートについたマークで確認するからね。クレーでたくさんプレーしてきた者として、僕は自分の判断でコールをするようにし、線審にはあまり頼らないようにしている。いつもベースラインやサイドラインに近い球でアウトになりそうな球を打つときは、その球を打ってポイントを続ける前に様子を見ているよ」

勝利したチチパスは決勝で第8シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「錦織 圭 出場!男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」
・シナー敗退、重要場面で誤審の不運
・ジョコ撃破 6度目の対戦で初

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月14日16時28分)

その他のニュース

5月28日

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

5月25日

錦織圭 6月芝大会に出場へ (23時11分)

阿部宏美/永田杏里ペア 2週連続V (22時29分)

大坂なおみ 全仏OPへ「準備は順調」 (20時22分)

18連勝の内島萌夏 全仏OPへ「楽しむ」 (19時12分)

望月慎太郎 全仏OPで世界8位と激突 (18時11分)

1ゲームで6回アンダーサーブ!結果は? (17時10分)

フェデラー「素晴らしい経験」 (15時54分)

錦織圭 全仏OPへ「1回戦突破目指す」 (15時41分)

「錦織圭は天才的」とダニエル太郎 (14時20分)

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

【動画】大坂なおみ 全仏OP初戦突破の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!