国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」

大坂なおみ
大坂なおみ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)ファイナル予選「日本vsカザフスタン」は12日に第2試合のシングルスが行われ、世界ランク193位の大坂なおみが相手エースで同50位のY・プチンセワ(カザフスタン)を6-2, 7-6 (7-5)のストレートで下し、日本が2勝目を挙げ勝利に王手をかけた。また、大坂が日本でプレーするのはこれが約1年7ヵ月ぶりとなった。

>>【随時更新】BJK杯「日本vsカザフスタン」フォトギャラリー<<

>>【第3試合】日比野 菜緒 vs プチンセワ 1ポイント速報<<

有明コロシアムで行われる今回のファイナル予選。勝利したチームは今年11月のファイナルへの出場権を獲得できるが、負ければ同じタイミングで開催されるプレーオフに回ることとなる。

試合は12日にシングルス2試合、13日にシングルス2試合とダブルス1試合で決着がつけられる(※ルールにより第2日は、試合数ならびに試合形式が変更となる場合もある)。

第1試合には世界ランク79位の日比野菜緒が登場し同939位のA・ダニリナ(カザフスタン)に6-1, 6-0のストレートで完勝。日本に1勝をもたらした。

続く第2試合では、大坂と相手のエースであるプチンセワが顔を合わせた。第1セット、大坂は6本のサービスエースを決めるなどし相手にブレークを許さず、リターンゲームでは第6ゲームと第8ゲームで2度のブレークを奪い先行する。

第2セットは両者ともに相手にブレークを与えずキープを続けタイブレークに突入する。タイブレークでは2度のミニブレークに成功した大坂がストレートで勝利し、日本に2勝目をもたらした。

2022年9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)以来 約1年7ヵ月ぶりに日本でプレーした大坂は、会見で日本でのプレーに対する思いなどを語った。

【大坂なおみ 会見全文】

●試合を振り返って

「とても嬉しいです。勝利に到達するためのステップをうまくこなすことができました」

「とても緊張していてタフな試合でした。久しぶりの日本でのプレーだったので良いプレーをしたいという気持ちが先走ってしまったところもありましたが、いつものルーティンをこなすよう心掛けました」

「そして杉山監督が冷静にベンチでサポートしてくださり、2人でどうやっていくかを相談しながらプレーをすることができ、良い結果を得られました。サーブの調子が良かったことも大きな助けになりました」

●日本代表として久しぶりに日本でプレーすることについて

「(久しぶりの日本での試合で)特別な感情で試合に臨みました。会場に入った時に日本の国旗がいろんなところにあって、そういった雰囲気も特別でした。日比野選手の試合の雰囲気も素晴らしかったですし、そういったものを感じながらプレーをすることができました」

●試合中の杉山監督とのコミュニケーションについて

「杉山監督とのコミュニケーションはとてもクールなものでした。私は自分で考えていくタイプなので、監督はそれを尊重してくれています。数ゲームプレーして、そこで監督と相談しながらゲームプランを考えました」

「今日の相手は調整をしてくるタイプなので、相手のサーブが良くなってきたときにそれに対してどう対応していくかという話を監督とはしました」

●好調だったサービスについて

「サーブの調子はとてもよかったです。マイアミでのC・ガルシア(フランス)選手との試合でも相手の方が良いサーブをしてきたと思っていたら、実はスタッツは自分の方が良かったということもあったりして、こういったことも自信になっていました。彼女(プチンセワ)が極端にワイドに構えたりすることもあって、彼女の必死さも感じました」

●普段の個人戦と団体戦との違いについて

「団体戦に関してはあまり経験がありませんが、この大会をとても楽しみにする気持ちがあるのと同時に、みんなをがっかりさせてはいけないという気持ちも凄く強いです。そういう性格なので、負けられなかったです。もし負けた場合は普段の個人戦で負けた時よりも大きなショックを受けるのではないかと自分では考えていて、こういう話をオープニングセレモニーの前に柴原選手とも話していました」

「ただみんながサポートしてくれるので、自分はそのサポートを感じて試合に臨みました」

●子供の泣き声で試合が一時的に止まった場面について

「娘のシャイのことを思い出していました。お母さんが凄く慌てていたのがこちらからも見えたので、ゆっくり時間をかけてくださいという気持ちでした」

●杉山監督と普段コーチングを受けているウィムコーチとの違いについて

「杉山監督とウィムコーチは異る部分があります。少し言葉を選んでしまいますね(笑)ウィムコーチはテニス選手として女子ツアーを周っていたわけではないので、杉山監督とは違います。杉山監督から感じるエネルギーもありますし、それぞれにいい所があり、それぞれから得られるものがあると考えています。」

【12日(金)】
第1試合
日比野菜緒 6-1, 6-0 A・ダニリナ

第2試合
大坂なおみ 6-2, 7-6 (7-5) Y・プチンセワ

【13日(土)】
第1試合(13時開始予定)
日比野菜緒 vs Y・プチンセワ

第2試合 第1試合終了後に開始予定
大坂なおみ vs A・ダニリナ

第3試合 第2試合終了後に開始予定
柴原瑛菜/ 青山修子 vs A・ダニリナ/ Z・クランバエワ(カザフスタン)

【日本代表メンバー】

日比野菜緒(単79位)
本玉真唯(単119位)
大坂なおみ(単193位)
柴原瑛菜(複21位)
青山修子(複20位)

監督:杉山愛

【カザフスタン代表メンバー】

Y・プチンセワ(単50位)
Z・クランバエワ(単483位、複142位)
A・サガンジコワ(カザフスタン)(単804位)
A・ダニリナ(複54位)
Z・ディアス(カザフスタン)(ランク無し)

監督:ユリー・シュキン

[PR]4/12(金)、13(土)「女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ ファイナル予選 日本vsカザフスタン」
4/15(月)開幕「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・公式戦で珍行動、ボールガールがプレー
・疑惑の判定に痛烈批判「審判は解雇」
・錦織 圭 チャレンジャー大会にエントリー

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月12日21時13分)

その他のニュース

5月26日

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

【雨天中断】望月慎太郎vsフルカチュ 全仏OP1回戦 (22時20分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

【告知】錦織圭vsディアロ 全仏OP (17時10分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

5月25日

錦織圭 6月芝大会に出場へ (23時11分)

阿部宏美/永田杏里ペア 2週連続V (22時29分)

大坂なおみ 全仏OPへ「準備は順調」 (20時22分)

18連勝の内島萌夏 全仏OPへ「楽しむ」 (19時12分)

望月慎太郎 全仏OPで世界8位と激突 (18時11分)

1ゲームで6回アンダーサーブ!結果は? (17時10分)

フェデラー「素晴らしい経験」 (15時54分)

錦織圭 全仏OPへ「1回戦突破目指す」 (15時41分)

「錦織圭は天才的」とダニエル太郎 (14時20分)

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

【動画】大坂なおみ 全仏OP初戦突破の瞬間! (0時00分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ブブリクが1ゲームで6回アンダーサーブ披露! (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!