国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「1つの時代の終わり」

ジョコビッチ
ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は8日、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)の会見に登場。元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)の欠場や、2028年のロサンゼルス・オリンピックについて言及した。

>>大坂 なおみvsサムソノヴァ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、アルカラス、シナーらBNPパリバOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

36歳のジョコビッチは今季、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に昨年王者として出場。同大会でのマッチ連勝記録を33に伸ばし4強入りするも準決勝で第4シードのJ・シナー(イタリア)に敗れた。

そのジョコビッチが今季2大会目として、BNPパリバ・オープンに出場する。同大会に出場するのは2019年以来5年ぶり15度目。過去3連覇を含む5度の優勝を経験している。

ジョコビッチは初戦を前に記者会見に登場し「また戻ってくることができてとても興奮しているよ」と冒頭で心境を述べた。

また会見では、6日に同大会を棄権すると発表し、今季での引退の可能性も示唆している元世界ランク1位のナダルについても言及した。

「我々は全員にその瞬間が来るとわかっている。実際にその瞬間が来て、ロジャー(フェデラー)はキャリアを終えて、ラファ(ナダル)と僕はおそらくこれ以上あまりプレーしないだろう」

「1つの時代の終わりようなもので、それは悲しいことだけど、同時に僕たち1人1人、そして僕たちのグループにとって、祝福できる素晴らしい瞬間や試合、節目がたくさんあったと思う」

「ラファが棄権したことは大会にとって悲しいことだし、彼にとっても悲しいことだ。偶然だったけど彼と一緒にアメリカに来たんだ。彼と彼の家族に会えてよかったよ」

「彼が早くアメリカに来たのは、時差に適応してできるだけ多くの練習をこなし、プレーする準備をしたかったからだろう。だから彼はベストを尽くした。でも、数ヵ月後のローラン・ギャロスに向けて、クレーコートシーズン中に自分の能力を最大限に発揮したいと彼はいつも言っていたように思う」

「僕は新しいライバルを見つけようとしていて、最近ではC・アルカラス(スペイン)やシナーと素晴らしい試合をいくつかしたけれど、彼ら(ナダルやフェデラー)が依然としてこれまで戦った中で最大のライバルであることに変わりはないよ」

さらに、この会見でジョコビッチは2028年に行われるロサンゼルス・オリンピックについて記者から想いを問われ回答した。

「ロサンゼルス・オリンピックのことを考えるのはまだ先のことだけど、もちろんそのことを考えるとわくわくする。ぜひプレーしたいけれど、ご存知のようにオリンピックは4年に1度。まだ確実なことは言えない。でも1年1年を大切にして、自分の身体がどのように機能するか、自分がどれだけ情熱的で献身的かを見極めたいと思うよ」

ジョコビッチが仮にロサンゼルス・オリンピックに出場することとなると41歳での出場となる。

ジョコビッチは今大会、初戦となる2回戦で世界ランク69位のA・ブキッチ(オーストラリア)と対戦する。ブキッチは1回戦で予選勝者で同149位の望月慎太郎を7-6 (7-4), 7-6 (8-6)のストレートで下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・世界5位が線審を怒鳴りつけ失格
・優勝候補撃破も大ブーイング
・相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年3月9日12時20分)

その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!