国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル復帰に「疑念抱いていた」コーチ明かす

カルロス・モヤ、ラファエル・ナダル
(左から2022年の)ナダルとモヤ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは17日、元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)のコーチを務めるC・モヤ(スペイン)のインタビューを掲載。手術からリハビリの過程や復帰への道、将来について語った。

2017年からナダルの陣営に付いたモヤは、当時世界ランク9位だったナダルの復活を支え世界ランク1位返り咲きも果たした。約5年にわたりナダルとともにしたモヤだが、今年のツアー離脱はこれまでで最も厳しいものだったと明かした。

37歳のナダルは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で左股関節付近を痛めながらM・マクドナルド(アメリカ)と対戦し、ストレート負け。その後ツアー復帰が叶わず、5月にラファ・ナダル・アカデミーで開かれた会見で全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の欠場と長期の休養に入ること、そして2024年シーズンでの現役引退の可能性を示唆した。

その後ナダルは6月に左大腰筋の関節鏡手術を受けリハビリに励み、10月に入ってからはコートで練習する様子を定期的に自身のSNSで公開していた。復帰は今月31日に開幕するブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)を予定している。

モヤのインタビューは以下の通り。

―――――――――――――――

Q.ナダルが手術を受ける決断をしてから、最新のトレーニングまで、この数ヵ月の間に起こったことを説明していただけますか?

A.完全な休養を必要とする手術にはつきものだ。彼(ナダル)は当初予想されていたよりも複雑な手術を受けた。開腹して中身を見たら、最初に考えていたよりもデリケートだったんだ。検査やスキャンをしなかったわけではないが......問題点をよく把握していなかったようで、回復期間は予想以上に長かった。

もし手術を受けていなかったら、回復がもっと難しかっただろうことも事実だ。復帰したい、コートで別れを告げたいという気持ちはずっと持っていた。

手術の後、彼は休暇に入ったから、1ヵ月半ほど会えなかった。できる限りのリハビリをしていたね。そして8月の終わりからトレーニングを始めた。週に2日、20分ほど。とてもゆっくりとした歩みだった。時には1歩下がって、またやる。常に細心の注意を払っていた。

もちろん、スタートはとても厳しかった。調子が上がらず、難しそうに見えたこともあった。しかし、常に医師と連絡を取り合い、検査を行い、経過が全く正常であることを確認していたので、僕らは常に安心していた。

常に慎重に計画を立て、それに従って徐々に負荷と強度を上げていった。時には1歩引いて、少し休んで、ペースを落とさなければならないこともあった。しかしそれはこの程度のけがに伴う過程であり、もはや20歳とは言えないキャリアの時点にいるから当然だ。
少しずつ前進し、問題は徐々に解決され、今ではオーストラリアに行って挑戦する準備は整っている。

Q.その過程で、彼が戻ってこないと思ったことはありましたか?

A.そうだね。この手術のようなプロセスを経ると....結局のところ、メスを使うのは本当に最後の手段なんだ。そういうリスクを承知で、彼は手術に踏み切った。

プレーを始めて1ヵ月半か2ヵ月経ったとき、進歩がとても遅いことに気づいたんだ......そんな状況になったのは初めてだったから、予想より遅いのかどうかはわからない。でも、疑問はあるし、選手の頭の中にも疑問はある。彼の体は反応するのだろうか?この負荷に耐えられるのか?多くの疑問が湧いてくる。バラ色のベッドとはほど遠い。曲折の多い、曲がりくねった道だった。

Q.テニスの仕事以外に、あなたの心理的な役割は何でしたか?

A.話したり、励ましたり、そばにいて話を聞いたりする日が多かったね。僕自身も、チームの他のメンバーも。僕はチーム全体について話すとき、彼は37歳の人間であり、彼の人生、彼の家族、彼の興味、彼の感情があることを意識している。僕らは彼をサポートし、その時々に正しいと思うことをし、彼の健康と自信に気を配ってきた。

時には彼に少しプレッシャーをかけ、時には1歩引くことも必要だった。その日その日の状況や、何より彼の精神状態やモチベーションによって、必要なこともあれば、そうでないこともあった。

その点、とても理解あるチームだと思う。僕らは彼のことを長年知っているし、そういう面では非常によく配慮されていたと思う。

押し出すことと手放すことのバランスをコントロールすることが問題だった。気をつけなければならないことは認識していた。彼が僕ら全員を尊敬してくれているからこそ、彼と仕事をするのはいつも楽なんだ。それはとても重要なことだと思うが、もちろんとてもタフで困難な日々もあったね。

Q.彼と過ごした最も困難な時期で間違いないですか?

A.間違いなく。他にも難しい状況はあったが、今はバッテリーが残り少なくなっているのがわかる。スポーツマンには賞味期限があり、日々それに近づいている。その時期がいつなのかを意識することはほとんどない。ただ挑戦し続けるだけだ。その点では、誰よりも彼がそうだった。

僕はそのプロセスのある部分、ある段階において、疑念を抱いていた。このまま終わってしまうのではないか、もうプレーするチャンスはないのではないかという思いがあった。彼との付き合いの中で最も困難な時期だったのは間違いない。

[PR]第59回島津全日本室内テニス選手権大会開催!

女子
本戦 12/20(水)〜12/24(日)

全日本選手権ファイナリストの白石 光や加治 遥らがエントリー
24日(日)はデ杯日本代表監督の添田 豪さんとバモスわたなべさんによるテニスクリニック開催


■大会・チケット詳細はこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦Vで3つの大記録更新へ
・シナー「来シーズンに繋がる」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年12月18日13時18分)

その他のニュース

5月31日

ナダル戦後は「優勝したような気分に…」 (6時56分)

ポール回し披露!ジョコ 全仏OP3回戦へ (5時53分)

錦織圭 途中棄権も「収穫すごくあった」 (4時48分)

錦織圭 肩負傷で途中棄権「痛み増した」 (3時46分)

錦織圭 肩負傷で全仏OP2回戦を途中棄権 (3時15分)

【1ポイント速報】錦織圭vsシェルトン (1時00分)

5月30日

内島萌夏「すごく差があった」 (23時48分)

大坂なおみを世界2位が賞賛 (22時08分)

メド 相手棄権で全仏OP3回戦進出 (20時57分)

内島萌夏 世界2位に屈し全仏OP2回戦敗退 (20時11分)

【1ポイント速報】内島萌夏vsサバレンカ (19時04分)

2回戦敗退も少女にラケット贈る (19時00分)

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!