国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

準Vの清水悠太「自信になる」

清水悠太
準優勝を果たした清水悠太
画像提供: tennis365.net
男子テニスの横浜慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2023 supported by 三田興産(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)は26日、シングルス決勝が行われ、世界ランク246位の清水悠太は第1シードの綿貫陽介に6-7 (5-7), 4-6のストレートで敗れ、ATPチャレンジャー大会初優勝はお預けとなったもののキャリア通算3度目の準優勝を果たした。

>>綿貫陽介vs清水悠太の日本人対決!シングルス決勝の試合映像とインタビュー!<<

>>綿貫 陽介、中川 直樹ら四日市CH組合せ<<

プロになってからは初の顔合わせとなった25歳の綿貫と24歳の清水。昨年の同大会準優勝者である綿貫は今大会、準決勝で第3シードのM・モウ(アメリカ)をフルセットで撃破。一方の清水は対戦予定だった世界ランク297位の内山靖崇が内転筋の負傷で棄権したため、不戦勝でチャレンジャー大会初優勝をかけ決勝進出を決めた。

雨天による悪天候のため開始が約2時間20分遅れた決勝戦の第1セット、清水は綿貫に強烈なフォアハンドウイナーを決められるなどし第2ゲームでいきなりブレークを許す。その後、ドロップショットやロブなど多彩なプレーに苦しんだ清水だが、綿貫のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでブレークバックのチャンスを得ると、最後は綿貫がダブルフォルトを犯しブレークバックに成功。タイブレークにもつれ込む。

タイブレークに突入後も互いに譲らず終盤へ。しかし、清水は4-5で迎えた10ポイント目で2度目のミニブレークを許すと最後は綿貫にサービスエースを決められ先行される。

続く第2セット、清水は勢いに乗る綿貫に第1ゲームでいきなりブレークを許す。それでも、第5ゲーム終了後に右肩の治療のためメディカルタイムアウトを取得した綿貫から直後の第6ゲームでブレークバックに成功。ゲームカウント3-3とする。

しかし、第9ゲーム、綿貫の強烈なショットにミスを誘発され15-30とされるとダブルフォルトを犯してブレークポイントを握られる。最後は清水のショットがネットにかかりブレークを許す。直後の第10ゲームではブレークを返せず、1時間44分で力尽きた。

試合後、清水は「相手は今年調子が良くて(ランキングも)2桁に届いてなかなか強い選手でしたので、どれくらいできるか不安はありましたが思ったよりできました。途中から良いプレーもできていたと思います。これからはこれだけの選手にこれだけのことができたと自信を持って頑張りたいと思います」とコメントした。

次週開幕の四日市チャレンジャーに出場を予定している清水はここまでの2023年シーズンについて「今年は目標だったチャレンジャーの舞台に定着することができたのと、決勝戦には3回進めたのでそれは自分としては成長できたところだと思います。去年はITFフューチャーズしか出れていませんでしたが今年はチャレンジャーに出場してすごい良いシーズンだったなと。グランドスラムの予選にも出れて目標だったところにも到達できたので良かったかなと思います」と明かした。

最後に2024年シーズンに向けては「今日の結果で全豪オープンの予選に掛かったので本戦を目指して頑張りたいと思います。そして残りのグランドスラムにも出場してどんどん本戦にチャレンジしていきたいです。あと、チャレンジャーでの優勝がまだないのでいつか優勝したいなと思っています」と語った。

清水がチャレンジャー大会で準優勝するのはこれが通算3度目。今年3月のプエルト マヒコ・オープン(プエルトバジャルタ/メキシコ、ハード、ATPチャレンジャー)、そして7月のシカゴ・チャレンジャー(アメリカ/シカゴ、ハード、ATPチャレンジャー)に次ぐ結果となった。

なお、綿貫と清水は明日開幕の四日市チャレンジャーにも出場予定であり、1回戦で対戦することが決まっている。




■関連ニュース

・綿貫陽介が清水悠太を下しV
・清水悠太が西岡 良仁破り優勝
・清水悠太 CH単で初の準優勝

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月26日20時12分)

その他のニュース

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!ジェンがフルセットの熱戦制す (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!