国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 敗退「テニスは運ゲー」

西岡良仁
敗れた西岡良仁
画像提供: tennis365.net
男子テニスの木下グループ ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス(日本/東京、ハード、ATP500)は16日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク44位の西岡良仁は同79位のM・ギロン(アメリカ)に6-7 (14-16), 6-4, 1-6のフルセットで敗れ、同大会2年連続の初戦敗退となった。試合後の会見で西岡は「テニスは運ゲー」と口にした。

>>【動画】劣勢となり地べたに座り込む試合終盤の西岡<<

>>綿貫、ダニエル、島袋、望月らジャパンOP組合せ<<

28歳の西岡が同大会に出場するのは2年連続6度目。最高成績は2019年の2回戦進出で昨年は初戦敗退となっていた。

1回戦の第1セット、西岡は3度ブレークポイントを握られるも全て凌ぎ、このセットはタイブレークにもつれ込む。タイブレークは一進一退の攻防となるも、ギロンに訪れた5度目のセットポイントで西岡のボールがアウトとなり先行を許す。

リードを許した西岡だが第2セット、開始からアグレッシブにネットに出るとギロンのミスもあり第1ゲームでブレークに成功。その後のサービスゲームではブレークポイントを与えず、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをキープし、1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、第3ゲームで2度のブレークチャンスを活かせなかった西岡は直後の第4ゲームでギロンにブレークを許す。その後、ラケットを投げるなど苛立ちを見せた西岡は1ゲームも奪えず、2時間44分の激闘の末に力尽きた。

西岡は試合後、記者会見を17日に行うとしていたが一転、急遽16日に会見を行い試合を振り返った。

「10回やったら9回は勝つ内容だったので、運がなかったかなとしか思ってないので、それくらいです」

「(コートに)合っているのは相手だったと思いますね。相手の方がこういう跳ねないコートに合ってると思うので、フィットしてるのはどっちかと言われれば向こうにフィットしてるコートだったと思います」

「別に内容がどうこう悪かったかと言われればそうではなくて、ファーストセットはもちろん取れた展開だったと思いますし、ファイナルセットもほぼほぼ僕が取っているような内容だったと思います」

「サーフェス云々はもちろんあると思いますけども、勝敗を分けたかどうかっていうところに関しては、今日は欲しいポイントをほぼ相手が取ったっていうところのみだと思うので、何が悪かったかと言われれば、いいポイントが取れなかったというところのみかなと思います」

記者会見を当初17日にしてほしいと希望したことについては「もう時間もあれだったんで、明日どうせ時間結構あるんで明日の方がいいかなという理由ですね。特に大きな理由はないです」と回答。

また今後の予定についても口にした。

「とりあえずパリ(ロレックス・パリ・マスターズ)は出ます。もう1個はまだわからないです」

「(パリ以外にもう1大会に出たいかと言われると)出たくないです。出たくはないので出ない方向で考えながら、一応エントリーはしているという形ですね。パリだけは出ます」

同大会2年連続の初戦敗退となり日本で結果が出ていないことについては「運がなかった」と口にした。

「もちろん違う感情はあると思います。他の会場と日本でやる場合との、気持ちの持ち方は多分違うと思いますし、それは多分、プレッシャーとかもちろんあるかもしれないですけども、どっちかっていうとエキサイティングしてる方が大きいと思います。結果がついてくるついてこないに関しては、言った通り、僕は最近、テニスは結構、「運ゲー」だと思っているので、運がなかったかなという話のみですね。僕も珠海(珠海選手権)に勝ったりしたのは結構、運がよかったと思ってるので。バッドラックだったなと思います」

一方で怪我や体調面に関しては「(怪我などは)ないです。今まで、ずっとケアも受けてるんで」と問題ないことを明かした。

勝利したギロンは2回戦で第2シードのC・ルード(ノルウェー)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク73位の綿貫陽介のどちらかと対戦する。

[PR]西岡 良仁、綿貫 陽介、島袋 将、望月 慎太郎、小田 凱人ら出場予定!
10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」WOWOWで連日独占生放送&WOWOWオンデマンドでは全コート配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 日本で家族と極秘テニス
・母国で引退「自分の功績に満足」
・西岡 良仁 驚き「初めてみた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年10月17日8時07分)

その他のニュース

2月27日

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!