国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG3は人々の『普通』を狂わせた

ラオニッチ
ミロシュ・ラオニッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は10日にシングルス3回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場していた元世界ランク3位のM・ラオニッチ(カナダ)は世界ランク59位のM・マクドナルド(アメリカ)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、2016年以来7年ぶり5度目のベスト8進出を逃した。試合後の会見でラオニッチは自身の前に立ちはだかり続けたBIG3について言及した。


>>【ハイライト動画】ラオニッチが世界10位ティアフォー撃破!<<

>>アルカラス、メドベージェフらナショナルバンクOP組合せ<<

32歳のラオニッチは2021年7月から怪我の影響でツアーを長期離脱。今年6月に約1年11ヵ月ぶりに復帰を果たしていた。

今大会は1回戦で第9シードのF・ティアフォー(アメリカ)を逆転で破ると、2回戦では予選勝者で世界ランク115位のダニエル太郎をストレートで破り3回戦に駒を進めた。

迎えた3回戦、ラオニッチは9本のサービスエースを決めたものの、ダブルフォルトも6本犯すなどしマクドナルドに3度のブレークを許す。リターンゲームでは一度もブレークを奪うことが出来なかったラオニッチは1時間8分で敗れ、同大会7年ぶりの8強入りを逃した。

試合後、会見に臨んだラオニッチ。今大会で上位シードの早期敗退が相次いでいることを念頭に、記者から「下位の選手がシード選手を破ることが多くなっているが、数年前に比べて男子テニスのレベルは上がっていると思うか」と問われた。

これにラオニッチは「どちらかと言えばそうではない」と答え、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)のBIG3やA・マレー(イギリス)が全盛期であった時代について言及した。

「同世代というだけでなく、1つのスポーツで同時に3人の模範的で伝説的なアスリートがプレーすることは、人々の『普通が何か』ということの期待値を狂わせた思う」

「多くの大会を振り返ってみると、彼ら3人がプレーしていた。もちろん3人がマスターズシリーズに真剣に出場していた頃の話だけどね。ここ数年は彼らがグランドスラムに集中するようになったから、みんなは忘れかけている」

「僕がツアーに出たばかりの頃は、彼らとアンディ(マレー)が中心だった。準決勝の6、7割は彼らだったよね。クレーコートでは、D・フェレール(スペイン)も印象的だった」

「常に3人の選手がいて、ほとんどの大会で優勝していたんだ。でも、世界ランキング16位から5位までの選手たちの入れ替わりは同じようなものだったと思う。毎週、上位8シードがすべて準々決勝に進出していたわけではないんだ」

BIG3を中心とした圧倒的な選手たちを除いては、以前から下位の選手が上位の選手を倒し得ていたと意見を述べたラオニッチ。逆に言うと、ラオニッチの挙げた選手たちがいかに群を抜いた存在であったかがよくわかる内容となった。

なお、ラオニッチに勝利したマクドナルドは準々決勝で世界ランク37位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは3回戦で第3シードのC・ルード(ノルウェー)を撃破しての勝ち上がり。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 トロント」をWOWOWオンデマンドでライブ配信

8/28~9/11 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・元世界1位 1290日ぶり復帰戦へ
・4強入りも勝利に気付かず
・「人生で一番長い」激闘制し決勝へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年8月11日21時21分)

その他のニュース

5月30日

【速報中】内島萌夏vsサバレンカ (19時04分)

2回戦敗退も少女にラケット贈る (19時00分)

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (0時10分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!