国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ストーサー 全豪OPが現役ラスト

サマンサ・ストーサー
引退を発表したストーサー
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスでダブルス元世界ランク1位のS・ストーサー(オーストラリア)は14日、自身のSNSを通じて今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で現役を引退すると発表した。

>>西岡、ダニエル、綿貫ら全豪OP男子 組合せ<<

>>西岡vsイメル 1ポイント速報<<

38歳のストーサーは現在ダブルス世界ランク111位。キャリアでは28個のタイトルを掲げており、四大大会で4度タイトルを獲得。全豪オープンでは2019年に優勝を飾った。

また、シングルスでは自己最高4位を記録。9つのタイトルを獲得し、四大大会では2011年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制した。シングルスは昨年の全豪オープンを最後に引退しており、昨年はダブルスに専念。今年の全豪オープンはA・コルネ(フランス)とのペアでワイルドカード(主催者推薦)で出場することが決まっている。

インスタグラムでストーサーは「メルボルンパークに戻って、21回目の全豪オープンに出場できることをとてもうれしく思っているけど、これが私の最後の大会になることを考えると、複雑な心境です。大好きなホームスラムで、オージーファンや友人、家族の前でプレーを終える機会を得たことに、とても幸せで感謝している」とコメント。

「大好きなスポーツから引退することを決めたけれど、心のどこかで、いつまでもプレーを続けていたいという気持ちもある。競技としてテニスをすること、ツアーに参加することで得られる素晴らしい経験や感情、そしてほぼ生涯をかけてやってきたことがなくなるのは、とても寂しいことだと思う。このスポーツの伝説的な選手との対戦など、印象的な試合がたくさんあり、振り返ってみて、自分のキャリアにどれだけ感謝しているかを考えることができる」

「素晴らしい両親であるダイアンとトニー、兄弟のドミニクとダニエル、パートナーのリズと娘のイービー、そしてコーチ、フィジカルトレーナー、ドクター、長年にわたってスポンサーになってくださった方々に、心からのお礼を申し上げたい。その他にも、舞台裏で、そして世界中で私を助け、支えてくれた人たちがたくさんいる。あなた方が誰であるかはご存知でしょう。あなた方なしでは成し遂げられなかったことを理解してほしい。そして直接お礼を伝えたい」

「今は、私が大好きなスポーツをする理由である素晴らしいファンの前で、最後にもう一度コートに立つこと、そしてこの素晴らしい旅を楽しむことを楽しみにしている」

そして引退発表から一夜明けた15日、全豪オープンの開幕前会見に登場し自分の口から引退に際してのメッセージを語った。

「泣かずに乗り切れるように頑張りたいわ。みんな泣かないでね。この時に至るまで、常に難しい決断を迫られてきた。シングルスを引退したとき、去年はまだすべてをやり遂げる準備ができていなかった。だから昨年はダブルスでプレーした。けど、私のホームグランドスラムであるこの場所で、この日を迎えることができた。友人や家族、たくさんの人に支えられている。確かにタフな決断だったけど、正しい選択だったと思う。正しい決断だと思っているわ」


>>ストーサーのインスタグラムはこちら<<

[PR]全豪オープンテニス
1/16(月)~1/29(日)
WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全豪後の世界1位 可能性は4名
・キリオスは「悪童なのか」がテーマに
・日本勢全4選手、全豪初日に登場

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月15日15時36分)

その他のニュース

4月15日

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!