国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田 引退式典「本当に感謝」

添田豪
添田豪
画像提供: tennis365.net
日本テニスの頂点を争う大会、大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権97th(東京/有明、ハード)は大会9日目の30日に最終日を迎え、今大会をもって現役を引退した添田豪の引退セレモニーが行われた。

>>メドベージェフvsシャポバロフ 1ポイント速報<<

>>西岡、ナダルらパリマスターズ 組合せ<<

添田は28日に行われたシングルス準々決勝で第12シードの伊藤竜馬(橋本総業ホールディングス)に6-7 (4-7), 6-7(5-7)のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならず。この試合が現役ラストマッチとなった。

添田はセンターコートで「今日はこのような素晴らしい機会を与えてくださり、ありがとうございます。約20年のプロ生活が今大会で終わりました。まず、最初にお礼を言わせて下さい。3歳から始めたテニスをこの歳まで続けさせてくれたお父さん、お母さん、家族のみんな、本当にありがとうございました。最後まで支えてくれて、温かく見守ってくれたことで安心してテニスができたことに感謝しています。また、今後とも親孝行しますのでよろしくお願いします」とコメント。

「家庭を支えてくれた妻。僕がほとんど日本にいない中、自由にテニスをさせてもらって本当に感謝しています。子どもたちにも色々我慢させてきたことがありますけど、最後まで応援してくれてありがとう。今大会も必死に応援してくれる姿を見て勇気をもらって、いい試合ができたと思います」

「今大会、サポートしてくれた堀田トレーナーありがとうございます。現役中は非常に厳しいトレーニングをしていただき、何度か本当にキレそうになって、ちょっと殺意を抱いたこともありましたけど、今の自分があるのは堀田トレーナーのおかげです。ありがとうございました」

「スポンサーの皆様も長年支えていただきありがとうございます。GODAIの皆さんも本当にありがとうございました。今後もテニス界を盛り上げていくためにもご指導よろしくお願いします。そして、ヨネックス様、生涯このラケットを使ってここまで来ることができました。メイドインジャパンとして一緒に戦えたことを誇りに思います。アディダス様、長年、僕はけがもなく現役をやって来れました。本当に素晴らしい用具を使っていたことで、この結果が出たと思います」

「僕を支えてくれたコーチやトレーナーの方々、本当にありがとうございます。僕は荏原SSCで子供の頃は育って、プロになり、ナショナルメンバーとしてナショナルセンターで選手たちと切磋琢磨して、ここまで強くなることができました。本当に感謝してもしきれないくらい皆さんのおかげで強くなれました。国内の選手として、世界ランク50位を切れたのは僕だけの力ではなくて日本テニス界全体の力だと思います。本当にありがとうございます」

「振り返ればテニスプロになったことは自分が強くなるためと思って始めたのが正直なところです。今、最後になって気づいたことは、日本のテニスが強いと思われるためにプロをやっていたんだなと改めて思います。先輩たちの魂を受け継いで、後輩たちから刺激を貰い今の僕があります。僕は日本のテニスの歴史を微力ながらですが、受け継いできたと思っています。これからは代表監督として日本のテニスを強くしていきます。後輩たちには僕らが築き上げた歴史を上書きして、日本のテニスをさらに強くしていってほしいと思います。本当にありがとうございました」

また、同セレモニーには現在負傷で長期離脱中の錦織圭も登場。添田に対し「僕が17歳でプロになって、添田くんは5歳上なんですけど、ずっと背中を追ってきて、テニス界を引っ張ってくれた存在でした。デビスカップやオリンピックなど一緒に戦えてすごく楽しい時間を過ごし、学んだこともたくさんありました。これからもテニス界を引っ張っていってくれるということで、ジュニア選手も育っていますし、今日もこの2人(決勝を戦った今井慎太郎関口周一)の活躍もありました。また、みんなをよろしくお願いします。お疲れ様でした」と語りかけた。

添田は今後国別対抗戦のデビスカップの日本代表監督に就任することが決まっている。

(左から)内山靖崇、関口周一、今井慎太郎、添田豪、錦織圭、伊藤竜馬




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月30日15時59分)

その他のニュース

5月25日

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!