国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ルブレフ 露政府に言及

アンドレイ・ルブレフ
アンドレイ・ルブレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク8位のA・ルブレフは18日、ロシア人スポーツジャーナリストであるヴィティア・クラフチェンコ氏のYouTubeチャンネルに出演。練習などを公開した。そのなかで出場が禁止されたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)について思いを明かしている。

ウィンブルドンはロシアによるウクライナ侵攻による国際状況を考え、ロシアとベラルーシ国籍の選手の同大会出場を拒否。その影響で今年のウィンブルドンはポイント加算がないまま開催された。

男子ではシングルス世界ランク1位のD・メドベージェフやルブレフ、K・ハチャノフら上位選手らが出場できずに芝シーズン最高峰の大会を欠場することとなった。

クラフチェンコ氏の投稿したYouTube動画内でルブレフは、練習場のテレビモニターでウィンブルドンを観戦。「ウィンブルドンは年間4大会ある最も大きな大会の1つ。4つのグランドスラムの1つだ。全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープン。誰もが全力を注いで練習を積んで、この4つの大会に出るために他の大会に出場しベストを尽くしている」とコメントした。

クラフチェンコ氏はウィンブルドンのロシア選手出場拒否について、その決断を知ったときの心境を尋ねた。以下はインタビューでのやり取りとなる。

クラフチェンコ氏:「決断を知ったとき、あなたは?」

ルブレフ:「もちろん苛立ったよ。テニス人生で得たもの、つぎ込んだもの全て、そして仕事をすることを禁止されてしまった。もちろん、憤慨している。テニスに関して話せばね」

「僕らは外交的にとても有益だろうと思う解決策を提出した。ウクライナ人選手と組んでミックスダブルスに出場したりね。メダルを取るためではなく。ウィンブルドンを、僕らはここで戦ってはいない、テニスに戦争はないんだということを示す舞台として使いたかった。今はそれが最も大切なこと。テニス選手としてコートから正しいメッセージ送ることができたらと」

クラフチェンコ氏:「あなたはそれをとてもしているでしょ」

ルブレフ:「でも僕らは常に同じ答えをもらい続けている。ロシア政府は僕らの成績をプロパガンダとして使おうとしている。だから、自分が何を言おうと、答えは過去も現在も同じ。なぜ彼らはそう言うのか理解できなかった」

クラフチェンコ氏:「彼らに何て答えたの?」

ルブレフ:「ここで言えるものはない」

クラフチェンコ氏:「あなたはずっと公に自身の見解を示してきた。彼らは他にあなたに何を望んでいるのか?ロシア人としてパスポートを禁止するのか?彼らの考えを変えるために、あなたができるかも知れないことは何なのか分からないよね」

ルブレフ:「ウィンブルドンに関しては、そこでプレーするには恐らく自分の国籍を変えるしかないだろう。それなら受け入れてもらえるはず」

クラフチェンコ氏:「もし他の大きな大会全てで出場が禁止されたら、それが明確な解決策になり得る?」

ルブレフ:「僕らが全ての大会に禁止されて、それでもテニス人生を続けたいのならそれも1つの方法だ」

クラフチェンコ氏:「選択肢はないよね?。なぜなら、テニスがあなたの人生そのものだから」

ルブレフ:「まぁそうだね」

クラフチェンコ氏:「こんな状況になる前にオリンピックで金メダルを取れて、あなたはラッキーだった。またその舞台に立てることはないかもしれないと思っている?」

ルブレフ:「将来、またそこでプレーしたいとまだ願ってはいる。本当にプレーできたらと願っている。そこでプレーして金メダルを獲得できたことは、本当にうれしく思っている」

クラフチェンコ氏:「すごいことだって感じた?」

ルブレフ:「もちろん。達成したときは、世界の頂点に立った気分だったよ」

ルブレフは昨年8月の東京オリンピック(日本/東京、ハード)にA・パブリュチェンコワとペアを組みミックスダブルスに出場。決勝でE・ヴェス二ナ(ロシア)/ A・カラツェフ組を下し金メダルを獲得している。

今週はハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)に第2シードとして出場しており、1回戦で世界ランク39位のA・ブブリク(カザフスタン)と対戦する。




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー 約25年ぶり圏外に

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年7月19日11時35分)

その他のニュース

4月15日

【告知】島袋将 CH1回戦 (21時46分)

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!