国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル死闘制す「重要な勝利」

ラファエル・ナダル
ラファエル・ナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日、男子シングルス4回戦が行われ、第5シードのR・ナダル(スペイン)が第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで破り、6年連続16度目のベスト8進出を果たした。試合後には「とても重要な勝利だ」と述べた。

>>ジョコビッチら 全仏OP男子組合せ<<

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

全仏オープンで過去13度の優勝を誇るナダル。今大会の3回戦では第26シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)をストレートで破り勝ち上がりを決めた。

この試合の第1セットではファーストサービスが入った時のポイント獲得率が54パーセントに留まったナダル。第6ゲームまでで6度のブレークチャンスを掴むも大事な局面でショットが乱れ、ブレークを奪えず。逆にオジェ アリアシムに第4・第6ゲームで得たブレークチャンスをものにされゲームカウント1-5とされる。直後の第7ゲームで初めてブレークに成功したものの追いつけず、先行される。

続く第2セット、第2ゲームで2度のブレークポイントを凌いだナダル。その後の第5・第7ゲームではラブゲームでキープするなど勢いを取り戻す。すると第8ゲームで3度目のブレークチャンスをものにしブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームをキープしてセットカウント1-1に追いつく。

第3セットで第1ゲームからブレークチャンスを掴んだナダル。第3ゲームではオジェ アリアシムの強烈なショットを粘り強く拾い続けてブレークに成功。その後も安定したサービスゲームを披露すると第7ゲームでもブレークを奪ってセットカウント2-1とリードする。

勝負を決めたいナダルだったが第4セット、第2ゲームでは自身のミスもあり、40-0からブレークを許す。直後の第3ゲームでブレークバックに成功したものの、第4ゲームで再びブレークを許す苦しい展開に。その後、オジェ アリアシムのサービスゲームである第5・第7・第8ゲームでデュースまでもつれ込むもブレークチャンスは掴めず、セットカウント2-2に追いつかれる。

迎えたファイナルセットでは互いにサービスキープが続くと第8ゲームで2度目のブレークポイントをものにしたナダル。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームをキープして4時間超えの死闘を制した。

大会の公式サイトはナダルのコメントを掲載し、次のように語った。

「彼は間違いなく偉大なプレーヤーだ。世界最高の選手の一人だよ。彼はとても若くパワーと機動力がある。僕にとって今日はとてもタフな相手だったよ。彼は多くのことをよくやっていて、どんどん良くなってきているね。僕にとって、間違いなくとても重要な勝利だ」

「試合の入りは良くなかった。第1セットでは、何度もチャンスがあったんだけど、決めきれなかったんだ。次の2セット目を取り返した後は、3セット目をより良いプレーで終えることができたと思うよ」

「第4セットの入りはとてもタフだったね。それからが大変だった。彼はビッグサーブを持ち、僕は彼を押し返すことができなかった。最後にアジャストできたことにはとても満足している。よりアグレッシブにプレーすることができたので、間違いなく違いが出た」

勝利したナダルは準々決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは4回戦で第15シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1, 6-3, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

ジョコビッチとナダルはこれまで58度対戦し、ジョコビッチの30勝28敗。全仏オープンに限ってはナダルが7勝2敗と勝ち越している。直近の対戦は昨年の全仏オープン準決勝であり、その時はジョコビッチが3-6, 6-3, 7-6 (7-4), 6-2の逆転勝ちをおさめている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信


■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ナダル 4時間超え死闘制し8強
・ナダル完勝 17度目の16強
・ナダル「彼女は止められない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年5月30日7時20分)

その他のニュース

5月29日

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

【告知】大坂なおみvsシフィオンテク (10時49分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (4時59分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!