国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「今年のWBはポイント廃止」の方針

ウィンブルドン
ウィンブルドン
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は20日、男子プロテニス協会のATPと女子テニス協会のWTAが同日に公式発表した「2022年大会のウィンブルドンでのランキングポイントの廃止」という方針について失望していることを明かした。

>>大坂 なおみら 全仏OP女子組合せ<<

>>大坂 なおみvsアニシモワ 1ポイント速報<<

ウィンブルドンは先月20日に公式な声明として「このような不当かつ前例のない軍事的侵略の状況下で、ロシア政権がロシアやベラルーシの選手の参加によって、何らかの利益を得ることは容認できない。したがって、私たちは遺憾の意を表明し、ロシアとベラルーシの選手が2022年の同大会にエントリーすることを拒否する」ことを発表していた。

そして今回、ATPは更なる声明を発表し公式サイトに声明を掲載した。

「どのような国籍の選手であっても、実力に基づき、差別なく大会に参加できることは、我々のツアーの基本。ウィンブルドンがこの夏、ロシアとベラルーシの選手の出場を禁止したことは、この原則とATPランキングシステムの整合性を損なうものである。また、我々のランキング協定とも矛盾している。状況の変化がない限り、非常に残念かつ不本意ではあるが、2022年のウィンブルドンからATPランキングポイントを削除する以外の選択肢はないと考えている」

「私たちの規則は選手全体の権利を保護するために存在している。このような性質の一方的な決定は、もし対処されなければ、他のツアーに有害な前例を作ることになる。個々の大会への差別は30カ国以上で運営されているツアーでは、単純に実行不可能だ」

「ロシアのウクライナへの侵攻に対する我々の非難は、依然として明確。モスクワでのATPツアー大会を中止し、ロシアとベラルーシの選手が中立の旗の下でツアーに参加するよう、直ちに措置を講じた。これと並行して、私たちは他のテニス統括団体とともにウクライナへの人道的支援を継続し、被害を受けた多くの選手たちに直接資金援助を行っている」

また女子テニス協会のWTAも同様に声明を発表している。

「ロシアの侵略により、ウクライナの何百万人もの罪のない人々に起きている残虐行為は、恐ろしくてたまらないもの。WTAはロシアが続けている攻撃を強く非難する。何よりもまず、私たちは平和とウクライナの戦争が終わることだけを願っている」

「約50年前、WTAは“すべての選手には実力に基づき、差別なく、平等にプレーする機会がある”という基本原則のもとに設立された。 WTAはスポーツに参加する個々の選手が、国籍やその国の政府が下した決定だけを理由に、ペナルティを受けたり、競技を妨げられたりしてはならないと考えている」

「オールイングランド・ローン・テニス・クラブ(AELTC)とローンテニス協会(LTA)が最近行った、ウィンブルドンへの選手の出場を禁止する決定はWTA規則、グランドスラム規則、この2つの基本原則に違反するものだ。そして、WTAは今年のウィンブルドン選手権にWTAランキングポイントを与えないという難しい決定を下した」

「私たちがとっているスタンスはWTAの選手が個人として競争するために持つべき平等な機会を守るためのもの。もし私たちがこのスタンスを取らないのであれば、基本原則を放棄し、WTAが国籍に基づく差別を支持することを容認することになる。WTAは、そのような差別を拒否するために、このルールを適用し続ける」

「私たちは、すべての関係者の合意が得られ、選手が統一された環境で競技する機会を与えられるような解決策が見つかれば、ポイントの発行を見直すことを希望し、その意向を持ち続けている。私たちは、“Tennis Plays for Peace”を通じてウクライナを支援する人道的救済活動を続けており、これまでに110万ドル以上を集め、有意義な支援を提供し続けている」

この声明に対してウィンブルドンは「今年の大会へのロシアとベラルーシの選手のエントリーをお断りしたことに関して、様々な意見があることを理解しており、この決定が影響を受けた方々に深くお詫びする」とした一方で次のように声明を掲載。

「ロシアの世界的な影響力を制限するために英国政府がとった立場、すなわちランキングによる自動的な選手のエントリーを撤廃したこと。政府、産業界、スポーツ界などの幅広い反応を考慮すると、世界的に有名なスポーツイベントであり英国の機関であるウィンブルドンにとって唯一実行可能な決定を下したという考え方は変わっておらず、我々はこの決定を支持している」

「私たちは選手やその家族の安全を脅かすような行動をとることはない。ウィンブルドンという注目度の高い大会において、個々の選手から書面による申告を求めることは大きな精査とリスクを伴うと考える。さらに、ウィンブルドンでの成功や参加が、ロシア政権のプロパガンダに利用されることを受け入れることはできない」

「したがって、私たちは、ATP、WTA、ITFが選手権大会のランキングポイントを削除する決定を下したことに深く失望していることを表明したいと思う。これらの決定は、今回の例外的で極端な状況や私たちが置かれた立場からすると不釣り合いであり、ツアーで戦うすべてのプレーヤーに損害を与えるものだと考えている」



[PR]全仏前哨戦!ATP250 ジュネーブオープン
5/21(土)までWOWOWオンデマンドでライブ配信!

全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信


■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ウィンブルドンの声明に失望
・大坂 ウィンブルドン混複出場
・WB発表 ロシア選手ら出場拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年5月21日8時17分)

その他のニュース

6月29日

【速報中】ジョコビッチvsコキナキス (22時55分)

セリーナ撃破「夢のよう」 (22時49分)

昨年8強も敗退「腹が立つ」 (21時06分)

ハレプ 3年ぶりWB初戦突破 (20時37分)

西岡 WB敗退「タフな1日」 (20時00分)

土居 敗因の「ポイント」語る (19時22分)

サッカリ 初戦突破「気分いい」 (18時49分)

柴原瑛菜「タイトル取りたい」 (18時31分)

【告知】本玉真唯 WB 2回戦 (15時23分)

試合中の罵声「影響与えた」 (12時51分)

キリオス「最もハードな試合」 (12時03分)

錦織 7月アトランタOP出場へ (10時58分)

初戦突破チチパス 前週Vで自信 (9時55分)

復帰のセリーナ WB初戦敗退 (8時25分)

初戦突破のナダル「改善必要」 (7時13分)

西岡良仁 WB初戦敗退 (3時10分)

ナダル 14度目のWB初戦突破 (3時00分)

【1ポイント速報】日本勢 WB2日目 (0時20分)

【1ポイント速報】ナダルvsセルンドロ (0時10分)

6月28日

土居/二宮ペア WB欠場 (23時47分)

シフィオンテク 36連勝 (23時06分)

ダニエル太郎 WB初戦敗退 (21時30分)

ディミトロフ 負傷で途中棄権 (21時01分)

土居美咲 WB初戦突破ならず (20時17分)

昨年準Vベレッティーニ WB欠場 (19時46分)

シャラポワ WBでの画像を公開 (19時42分)

ワウリンカ敗退「がっかり」 (18時17分)

西岡 WBへ「気持ち上がる」 (17時13分)

最終戦ランク、チチパスが2位へ (14時59分)

54本エースで11度目の初戦突破 (14時02分)

YONEX最高級ラケット 最新デザイン発売 (12時59分)

アルカラス 激闘制し初戦突破 (12時54分)

チリッチ、コロナ陽性でWB棄権 (11時48分)

19歳ラドゥカヌ 2年連続初戦突破 (10時46分)

シナー ワウリンカ下しWB初勝利 (9時25分)

マレー 逆転勝ちでWB初戦突破 (8時11分)

ジョコ 全米欠場に再び言及 (7時12分)

ジョコ「尊敬の念しかない」 (6時26分)

本玉がGS初勝利「嬉しい」 (5時54分)

昨年4強フルカチュを撃破 (5時04分)

本玉 グランドスラム初勝利 (3時30分)

ダニエル、土居初戦が順延 (2時58分)

【1ポイント速報】日本勢 WB初日1回戦 (1時45分)

ジョコ史上初 全GSで80勝 (1時32分)

ジャバー 2年連続初戦突破 (1時26分)

WBでのフェアプレーが話題 (0時28分)

ジョコ 17大会連続 WB初戦突破 (0時10分)

6月27日

前哨戦Vチチパス WBへ自信 (20時25分)

「まいにち盛田」でテニス上達 (20時00分)

土居 WB初戦「失うものない」 (19時08分)

ダニエル WBへ「良い準備」 (18時10分)

錦織圭114位へ 27日付ランク (16時52分)

WB期間 ウクライナへ寄付表明 (14時54分)

本玉真唯 初WB「うれしい」 (13時40分)

大坂42位 27日付世界ランク (11時56分)

優勝以来のWB「今から楽しみ」 (10時46分)

19歳で第5シード「タフになる」 (8時54分)

内田海智 快勝でCH2勝目 (7時23分)

キリオス「最高の準備できた」 (6時34分)

6月26日

SBC 今井と荒川が優勝 (22時43分)

露選手追放「フェアではない」 (20時49分)

SBC女子、優勝は荒川晴菜 (19時28分)

WB初日 日本勢3選手が登場 (19時09分)

SBC男子、優勝は今井慎太郎 (18時53分)

穂積/二宮 ペア4勝目に歓喜 (18時22分)

元王者マレー WBに向けて順調 (16時36分)

フリッツ WB前哨戦で2度目V (14時32分)

SBC女子決勝は西郷と荒川 (14時00分)

ジョコ「順位は重要でない」 (12時00分)

ジョコ 全米出場は「不可能」 (11時06分)

ナダル「毎日普通に歩ける」 (10時36分)

SBC決勝Tが26日開催 (9時02分)

元WB女王クヴィトバ 前哨戦V (8時10分)

穂積/二宮が今季ツアー3勝目 (7時08分)

チチパス 芝大会で初V (6時24分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!