国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドンの声明に失望

ウィンブルドン
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPと女子テニス協会のWTAは20日、同日にウィンブルドンが公式発表した「2022年大会においてロシアおよびベラルーシ人選手の出場を認めない」という方針について、ともに異議を唱えた。

>>ジョコビッチvsキツマノビッチ 1ポイント速報<<

>>バルセロナOP 組み合わせ<<

ウィンブルドンは20日に公式な声明として「このような不当かつ前例のない軍事的侵略の状況下で、ロシア政権がロシアやベラルーシの選手の参加によって、何らかの利益を得ることは容認できない。したがって、私たちは遺憾の意を表明し、ロシアとベラルーシの選手が2022年の同大会にエントリーすることを拒否する」ことを発表した。

このウィンブルドンの発表に対して、男子プロテニス協会のATPは公式サイトに声明を掲載した。

「ロシアとベラルーシの選手を今年イギリスで開催されるグラスコートの大会から除外するという一方的な決定は不当であり、この競技に有害な前例を作る可能性があると考える。また国籍に基づく差別は、『選手のエントリーはATPランキングのみに基づく』とするウィンブルドン側との合意への違反にあたる。この決定に対するいかなる行動も、今後、我々の理事会および加盟国評議会と協議の上、評価されることになる」

「ロシアとベラルーシの選手には、これまでプロテニス界全体で共有されてきた中立的な旗の下で、ATPのイベントへの出場が引き続き許可されることを強調することが重要。これと並行して、Tennis Plays for Peaceのもと、ウクライナへの人道的支援も継続していく」

また女子テニス協会のWTAも同様に声明を発表している。

「WTAは、ロシアによるウクライナへのいわれのない侵攻を強く非難している。私たちはTennis Plays for Peaceを通じて、ウクライナを支援するための人道的支援活動を続けている」

「しかしながら、ウィンブルドンとLTA(ローンテニス協会)が本日発表した、ロシアとベラルーシ出身の選手個人が今後開催されるイギリスのグラスコートの大会に出場することを禁止する、という発表には、非常に失望している。 WTAの基本原則は個々の選手が実力に基づいて、いかなる差別もなくプロテニス競技に参加することができるということだ。この原則は、私たちのルールに明確に規定されており、ウィンブルドンとLTAの両者もこれに同意している。 また差別の禁止は、独自の規則やグランドスラムの規則にも明確に表記されている」

「WTAが一貫して述べているように、個々のアスリートは出身地やその国の政府の決定によってペナルティを受けたり、競技に参加できないようにされたりしてはならない。 差別や個人として出場しているアスリートに対してそのような差別を集中的に行う判断は、公平でも正当化されるものではない。 WTAは差別を排除し、すべてのアスリートが我々のツアーイベントに出場する資格を得ることができるよう、そのルールを適用し続けている。これは本日の発表まで、プロテニス界全体で共有されている姿勢である。WTAはこの決定について、次のステップとどのような措置が取られるかを検討する予定だ」

一方で、女子テニスで世界ランク25位のE・スイトリナ(ウクライナ)、同52位のM・コスチュク(ウクライナ)、同135位のL・ツレンコ(ウクライナ)らは、ウィンブルドンの声明を支持しており、ATP、WTA、ITF(国際テニス連盟)に対してロシアとベラルーシを代表する選手が以下の質問に答えるようにすることを要求している。

1. ロシアやベラルーシがウクライナ領に侵攻し、その結果、これらの国々が戦争を始めたことを支持するか?

2. ロシアとベラルーシのウクライナにおける軍事活動を支持するか?

3. プーチンやルカシェンコ(ベラルーシの大統領)の政権を支持するか?

そして、これらに該当する場合、ロシアとベラルーシの選手を排除し、国際大会への出場を禁ずることを求めている。




■関連ニュース

・ウィンブルドン発表 ロシア選手ら出場拒否
・ウクライナ侵攻に 3つの要求
・フェデラー ウクライナへ支援

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年4月21日12時23分)

その他のニュース

8月9日

元女王セリーナが引退示唆 (23時58分)

【告知】西岡良仁vsペール (21時08分)

【告知】大坂vsカネピ (21時06分)

元世界3位 MP6本目で勝利 (20時07分)

パリ五輪 全仏OP会場で開催 (18時42分)

西岡良仁「素晴らしい1週間」 (17時03分)

ハチャノフ 単200勝達成 (15時42分)

フェルナンデス 2カ月ぶり白星 (15時18分)

ハレプ完勝「自信に繋がった」 (14時23分)

フェデラー41歳「歳とったなぁ」 (12時29分)

前週Vメド5位へ 最終戦ランク (9時14分)

ワウリンカ撃破「夢が叶った」 (8時27分)

セリーナ 14カ月ぶり白星 (7時28分)

8月8日

通算5勝目「素敵な数字」 (22時10分)

大坂なおみ 39位に浮上 (20時28分)

錦織297位、西岡54位に (19時42分)

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

8月7日

大坂、全米前哨戦会場で練習 (23時50分)

西岡「まさかの決勝進出」 (22時21分)

ズベレフ 糖尿病の子供を支援 (21時58分)

SBC女子2ndR 優勝は阿部宏美 (19時03分)

SBC男子2ndR 優勝は伊藤竜馬 (18時25分)

メド 全米OP以来のV「特別」 (16時34分)

西岡 500初決勝「楽しみたい」 (14時03分)

西岡良仁 ルブレフ撃破でV王手 (11時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsルブレフ (9時43分)

ダニエル太郎 快勝で本戦王手 (8時57分)

世界1位メド 今季初V王手 (7時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!