国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳で全米V「夢のような話」

エマ・ラドゥカヌ
優勝を果たしたラドゥカヌ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は11日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク150位のE・ラドゥカヌ(イギリス)が同73位のL・フェルナンデス(カナダ)を6-4,6-3のストレートで破り、四大大会出場2大会目で初制覇を達成した。試合後の会見では「最後まで諦めずに頑張れたことを誇りに思っている」と語った。

>>ジョコビッチvsメドベージェフ 1ポイント速報<<

全米オープンでは1999年のS・ウィリアムズ(アメリカ)M・ヒンギス(スイス)以来22年ぶりとなる10代対決となった決勝戦。18歳のラドゥカヌはファーストサービスが入ったときに69パーセントの確率でポイントを獲得。19歳のフェルナンデスに2度のブレークを許したものの、自身は強烈なリターンエースを決めるなどで4度のブレークに成功し、1時間51分で悲願を達成した。

会見では「レイラ(フェルナンデス)は信じられないようなテニスをしていて、今週はトップ10の多くを倒している。非常に難しい試合になると最初から思っていた。ただ、1ポイントにできるだけ集中するようにしていた。本当に素晴らしい戦いがいくつもあった。2セットともかなりの逆境に直面して、深く掘り下げなければならなかったけど、最後まで諦めずに頑張れたことを誇りに思っている」と述べた。

「夢のような話。選手はみんな、自分がファミリーボックスに入って、みんなとハグして祝福する姿を思い浮かべると思う。それはいつも考えていることで、そのために努力していることでもある。そして実際にその瞬間を迎えることができてここにいるチーム、母国にいるチーム、この旅を支えてくれたすべての人に感謝したい」

予選3試合を戦い本戦入りした今大会。ラドゥカヌは予選を含めた10試合で1セットも失うことなく、また、1セットもタイブレークにもつれることもなく完全制覇を成し遂げた。

「たとえスコア上は1セットも落とさなかったとしても、すべての試合で多くの逆境に直面したと思う。ゲーム中のポイントの動き、長いデュースゲームがたくさんあった。それを乗り越えることが重要なの。この大会では、必要なときに必要なだけ押さえることができたと思う。だからこそ、すべての試合が非常に難しかったにもかかわらず、1セットも落とさなかった」

全米オープンを制した18歳は最後に「今は、将来のことや予定などを一切考えずに、ただひたすらスイッチを入れる時だと思っている。私には何の手がかりもない。今は何の心配もなく、人生を楽しんでいきたい」と笑顔で語った。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)~9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年9月12日13時47分)

その他のニュース

9月18日

35歳ガスケ CH4年ぶり4強 (9時37分)

元1位イバノビッチらが受賞 (8時04分)

9月17日

YouTube 「テクニ TF-X1」 (16時04分)

望月慎太郎 完敗でCH8強ならず (15時55分)

好調2選手が分析でトップに (14時25分)

イズナー 米開催「うれしい」 (12時35分)

ルブレフら ロシア勢が躍進 (11時20分)

好調ベンチッチ 快勝で8強入り (10時19分)

18歳新星、第2シード撃破で8強 (8時59分)

キリオス、レーバー杯へ意気込み (7時51分)

9月16日

内山靖崇 逆転勝ちで8強へ (19時36分)

元世界16位 CH8強ならず (16時15分)

メド、スタッフに感謝「誇り」 (15時27分)

元世界1位ハレプ 結婚式挙げる (14時52分)

ムラデノビッチ 快勝で8強 (14時00分)

ジョコ戦を回想「言葉失った」 (13時07分)

レーバー杯 ユニクロがウエア提供 (12時14分)

プイユ 逆転勝ちで初戦突破 (11時40分)

ガスケ完勝 レンヌCH8強 (10時10分)

二宮組 ストレート勝ちで4強 (8時30分)

マレー、レンヌCH16強逃す (7時53分)

9月15日

杉田祐一 ツアー離脱を発表 (19時52分)

メド 全米Vラドゥカヌを称賛 (18時05分)

ナダル 4年半ぶりに6位へ後退 (16時03分)

第1シード 逆転負けで初戦敗退 (15時57分)

第1シードが世界103位に敗退 (14時24分)

ジョコ 男女の全米王者を称賛 (13時25分)

錦織 54位へ浮上も西岡は後退 (12時54分)

元世界5位 快勝で初戦突破 (12時18分)

錦織 サンディエゴOP出場へ (11時27分)

望月慎太郎 CH初戦突破 (11時10分)

全米Vと準V メット・ガラ出席 (10時20分)

内山、日本人対決制し初戦突破 (8時30分)

アルカラス 21歳以下最終戦へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!