国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドン歴史的瞬間8つ

ラファエル・ナダル
2008年のフェデラーとナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは28日に公式サイトで、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の「最も歴史・記憶に残る瞬間8つ」を特集した。

【YouTube】テニスコート付き貸別荘<Villa Blue 富士河口湖>に内山 靖崇と一泊

>>YouTube テニス365チャンネル<<

ウィンルドンは今シーズン、本来6月29日から開催予定だったが新型コロナウイルスの影響でオープン化以降初の中止となった。

1.ボルグとマッケンローの伝説の決勝から40年

1980年の同大会決勝、5連覇を狙うB・ボルグ(スウェーデン)と勝てば四大大会初優勝となる当時21歳のJ・マッケンロー(アメリカ)が対決。試合はボルグが1-6, 7-5, 6-3, 6-7 (16-18), 8-6で勝利した。

セットを先取されたボルグだったが、第2・3セットを取り返す。第4セットでは7度のチャンピオンシップポイントを握るも取り切れず、22分かかったタイブレークの末に落とす。ファイナルセットの第14ゲームでボルグは、最後にバックハンドのパッシングショットを決めて死闘を制した。

2.1985年に最年少のチャンピオンが誕生

当時17歳だったB・ベッカー(ドイツ)は1985年の同大会、ノーシードで出場。3・4回戦ではフルセット、準々決勝・準決勝では4セットで勝利して決勝へ進出した。

決勝ではK・カレン(アメリカ)に6-3, 6-7 (4-7), 7-6 (7-3), 6-4で勝利し史上最年少でタイトルを獲得。その後同大会では1988年から3連覇を達成した。

3.サンプラスの7度目の優勝の2000年

1993年から1995年、1997年から2000年でP・サンプラス(アメリカ)は同大会合計7度の大会制覇。2000年の決勝ではP・ラフター(オーストラリア)に6-7 (10-12), 7-6 (7-5), 6-4, 6-2の逆転で勝利し、四大大会13度目のタイトル獲得となった。

2001年の4回戦ではR・フェデラー(スイス)にフルセットの末に惜敗。フェデラーは現在同大会で8度、グランドスラムで20度の優勝を記録している。

4.イバニセビッチの2001年の勝利

1992・1994・1998年で準優勝を飾っていたG・イバニセビッチ(クロアチア)は、2001年の決勝でラフターに6-3, 3-6, 6-3, 2-6, 9-7の3日間にわたる大激闘の末に優勝。当時世界ランク125位だったイバニセビッチは、同大会歴代唯一のワイルドカードでチャンピオンとなった選手として名を残した。

5.ナダルがフェデラーを撃破した2008年

過去2年連続決勝でフェデラーに敗れていたR・ナダル(スペイン)は同年に6-4, 6-4, 6-7 (5-7), 6-7 (8-10), 9-7の死闘の末に初制覇。4時間48分で勝利したナダルは初の世界ランク1位になることが決定し、さらに全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と連続優勝を果たした史上初の選手となった。

敗れたフェデラーは同大会6連覇とはならず、芝コートでの連勝記録も65でストップした。

6.77年ぶりにイギリス人のマレーが優勝

2012年に準優勝したマレーは翌年の2013年に決勝でジョコビッチを下し大会初制覇。1936年以来77年ぶりにイギリス人として同大会のトロフィーを掲げた。

7.フェデラーが記録を更新

2017年にフェデラーが2012年以来5年ぶり8度目の優勝を果たす。2016年シーズンのフェデラーは膝の手術を行いツアーを離れており、見事復活。また当時35歳の勝利で大会歴代最年長優勝者となった。

8.史上最長の決勝

2019年の同大会決勝、N・ジョコビッチ(セルビア)とフェデラーが激突。ファイナルセットまでもつれた死闘は新ルールによりゲームカウント12-12となった時点でタイブレークに。ジョコビッチがフェデラーの2度のチャンピオンシップポイントを凌いで勝利し5度目の優勝を飾ったこの試合は、4時間57分で同大会決勝歴代最長試合となった。




■関連ニュース

・ジョコ陽性「申し訳ない」
・ズベレフは陰性も「自粛」
・BIG4世代の苦労 シモン語る

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月29日20時33分)

その他のニュース

6月26日

【告知】ウィンブルドン予選2回戦 (6時56分)

錦織圭棄権で出場しツアー初白星 (6時04分)

本玉真唯 ウィンブルドン予選で完敗 (0時25分)

18歳が昨年V撃破で芝初白星 (0時01分)

6月25日

錦織圭 棄権理由は「右足首負傷」 (23時35分)

【1ポイント速報】本玉真唯 ウィンブルドン予選1回戦 (23時30分)

西岡良仁 3年ぶり芝大会白星 (22時28分)

【1ポイント速報】西岡良仁 ロスシー国際1回戦 (22時16分)

錦織圭が棄権、ウィンブルドン黄信号 (21時10分)

【中止】錦織圭vsナヴォーネ (20時55分)

世界96位が第1シード撃破の金星 (19時26分)

ガスケ 20年ぶり予選で初戦突破 (18時28分)

錦織圭 初戦の相手ナヴォーネとは? (18時07分)

マレー母、情報漏洩に「残念」 (17時30分)

芝で3時間半の死闘「驚いた」 (17時06分)

五輪シングルスに錦織ら ITFがアナウンス (15時36分)

モンフィス、ティーム撃破で芝3年ぶり白星 (14時00分)

世界4位、今週棄権しウィンブルドンに備え (12時08分)

「他の選手にチャンスを…」出場可否に言及 (9時56分)

内山靖崇「父親になって初勝利」 (8時57分)

島袋将 ウィンブルドン予選初戦突破 (7時44分)

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【動画】ジョコビッチ、母国戦士を鼓舞 (0時00分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!