国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織コーチの王者撃破に注目

マイケル・チャン
1989年全仏オープンのマイケル・チャン
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは1日に公式サイトで、1989年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)4回戦、M・チャン(アメリカ) vs I・レンドル(アメリカ)を特集した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

当時17歳だったチャンは、2度目の同大会出場で当時世界ランク1位だったレンドルと激突。レンドルは全仏オープンをすでに3度制覇していた。

試合はチャンが2セットダウンの展開に追い込まれる。しかし、その後はチャンが3セットを連取し、4-6, 4-6, 6-3, 6-3, 6-3の逆転で勝利をおさめた。

当時チャンのコーチであったジョセ・ヒグエラス氏は「次の日に生き残るためには、どんなことでもしなければならなかった。序盤はセンターコートでレンドルと対戦することなど含め、全てにおいてチャンが気持ちよくプレーできない状況にあった。しかし試合が進むにつれて徐々に動きがよくなっていき、逆にレンドルが緊張し始めていた」と明かした。

「スコアが拮抗していき、レンドルはさらに硬くなっていった。そしてチャンはいつも通りのリラックスしたプレーを最後まで貫いた」

「あの試合はレンドルというより、チャンがどうプレーするかによって変わっていたと思う。レンドルは試合を支配しようとしていたが、チャンが波に乗ったらレンドルの方の動きが鈍くなっていった」

「チャンはカウンターを得意とする選手で、スピードと頭脳を使ったプレーが得意だった。レンドルは強烈なフォアハンドを持っていたから、シンプルにバックハンドを打たせるようにプレーをしていた」

同大会でのチャンの快進撃は止まらず、決勝では当時世界ランク3位だったS・エドバーグ(スウェーデン)をフルセットの末に撃破し、史上最年少でグランドスラム制覇を達成した。

チャンは現在、世界ランク31位の錦織圭のコーチとして共に活動中。昨年11月にはM・ミルニ(ベラルーシ)氏を新たなコーチとしてチームに迎え入れた。

今シーズンの全仏オープンは本来、5月24日から6月7日にかけて開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて9月20日から10月4日までの開催へ延期が発表されている。




■関連ニュース

・錦織 チャン氏とともにコートへ
・「圭は素晴らしい」とチャン
・チャン 錦織の手術は最後の手段

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月2日15時40分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!