国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【ダイアデム】「本物か偽物か、ダイアデム誕生」

ウインザー商事
テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)
画像提供: ウインザー商事
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。

ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。

テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。
-----------------------
「本物か偽物か、ダイアデム誕生」

昨年、ダイアデムという新しいラケットブランドを初めて聞いたとき、怪しいブランドが出て来たなと思いました。

まったく新しいブランドが出てきたり10年以上前にあったブランドが復活して、SNSで取り上げられたり、SNSに広告を入れたりして、画期的な機能性を謳っていることをよく目にします。

実際に打ってみると、まったく嘘ではないですが、個人的には広告が少し大げさかなと感じることがゼロではありません。

スノワートも25年ぶりに復活したものの、はじめはあまり興味は湧きませんでした。

ところが、実際に試打してみたら驚きました。

厚ラケなのに食い付きがよくて、パワーがありながらスピンのかかりが非常によく、後日、トラックマンでデータを測ってみたら、過去最高の数字を叩き出しました。

それから現在までスノワート ビタス115は手放せないラケットになっています。
そのスノワートの新作ラケットの試打会があり参加させてもらったのですが、その試打会になんと今回取り上げますダイアデムのラケットもあったのです。







スノワートジャパン社長のK氏は、大手ラケットメーカーを渡り歩いてきた人で、ラケットメーカーの裏の裏まで知り尽くした人なのです。

そのK氏が惚れ込んで、ダイアデムの日本での正式な代理店になったのです。

K氏「ダイアデムはアメリカの数100位の選手が、トップ選手のヒッティングパートナーをしたときに、その選手のラケットが自分と同じメーカーのものなのに、まったく違っていることに愕然とし、トップ選手と同じレベルのラケットを作りたいと思ったところから生まれたブランドなんです。」

市販のラケットと世界のトップ選手のラケットは、同じでないこともあります。

ただし、特別仕様は本当のトップ選手だけで、ほとんどの選手は市販のラケットを使っていて、そこから強くなっていくのです。

K氏「ダイアデムのこだわりは、ラケットの内部にびっしりとポリウレタンフォームコアが詰まっていて、カーボン繊維もかなりいいものを使っています。」

ウレタンフォームを詰めるとかなり重たいラケットになってしまうので、通常のラケットは空洞になっています。
よほどいいカーボンを使わないと内部にフォームコアを入れて300gには仕上がらないのです。

半信半疑で実際にボールを打ってみました。



1球で違いがわかりました。

まず甲高い音がキーンと響きます。

ラケットの剛性はかなり硬い感じはしますが、ホールド感があり、スピードボールがバンバン飛ぶのですが、自分の手の内でコントロールできてしまうのです。

うーん気持ちいい!

セントビンセント製のプロスタッフを思い出しました。

98平方インチ315gでフレーム厚21.5mmのエレベートツアーと305gのエレベートをまず打ち比べました。





ウインザーオンラインショップページ(エレベート ツアー 98)はこちらへ
---------------------------------





ウインザーオンラインショップページ(エレベート 98)はこちらへ
---------------------------------
さすがに自分の体力では、305gがギリギリ振り切れる重さでした。

ただ体力のある方なら、315gがより威力が出て、今回登場したメーカーの目指すトップ選手と同じラケットに近づくことになるでしょう。

100平方インチ300gでフレーム厚23.5mmのノヴァと285gのノヴァライトも打ってみました。

大和スペックはアメリカにも広がってきているようです。

大和スペックについてはこちらへ





ウインザーオンラインショップページ(ノヴァ 100)はこちらへ
---------------------------------





ウインザーオンラインショップページ(ノヴァ ライト 100)はこちらへ
---------------------------------
軽くパワーが出て、スピンも楽にかかるのでノヴァの方が万人に向いた設計になっています。

トラックマンでデータを取ってみると、スピンのかかりが跳ね上がっています。

---------------------------
エレベートツアー:スピード108km.
         スピン2,903rpm
エレベート   :スピード109.6km
スピン2,944rpm
ノヴァ     :スピード107.3km
         スピン3,130rpm
ノヴァライト  :スピード111.0km
スピン3,508rpm





---------------------------

このデータからわかるようにスピンの回転数は3,000回転前後出ており、過去にデータを取ってきたラケットの中でもずば抜けています。

一番良かったのが、ノバライトでスピードとスピンが共にナンバーワンでした。

ただ気になるのが、レングス(飛距離)が24.3mでバックアウトしている点です。(ベースラインまでの距離は23.77m)

解決する方法がひとつあります。

スピンの回転量を増やすことです。

実はダイアデムはストリングメーカーで、ソルティスパワーという星型断面形状のポリエステルを発売していますが、トラックマンでデータを取ったときは、
ナイロンストリングのエボリューションが張ってあり、試打会で初めて打ったときは、ソルティスパワーが張ってありました。



ソルティスパワーで打ったときは、打球音が高く、食い付きがよく、スピンがかかっていながらボールの伸びを感じました。

通常ポリエステルはナイロンより20%程スピン量がアップすると言われています。

スピン量とボールの伸びは比例しなさそうですが、星型断面形状のおかげでそれが可能になっているようです。

スピン量の向上のためには、ストリングとボールの接触面積を上げ摩擦抵抗を上げなくてはなりません。

1.25mmより1.30mmのゲージの方が接触面積を増やせるので、パワーがあってボールを潰せる方は太ゲージの方が良いのですが、太くなると反発力が落ちます。

アメリカでは1.30mmが標準で日本では1.25mmが標準なのは、基礎体力の差からきていると思います。

ソルティスパワーは、形状を星型にすることで、表面面積が大きくなり、1.25mmでも1.30mmかそれ以上の効果があります。

また、インパクトの瞬間尖った先端が折れ曲がりボールとの接触面積を広げ、ボールが離れる寸前に元の星型に戻りスナップバックを助長します。

ノヴァライトにソルティスパワーを張れば、スピードとスピンを向上させながら、ベースラインに収まるボールを打てる可能性が高まります。

新しいものには慎重になることも必要ですが、食わず嫌いにならないようにしようと自分自身に言い聞かせるきっかけとなる、面白いブランドが誕生しました。

その他GEEK通信の記事はこちら>


■関連ニュース

・【ソリンコ】[考察]「5角形ポリエステル、ソリンコのコンフィデンシャルとハイパーGを比べてみました。」
・【ヨネックス】「試合に勝てる予感がするEゾーン98」
・【テクニファイバー】「テクニファイバーのストリングをサービス中心に試打してみました。」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年4月3日14時08分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!