- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス 最終戦初Vで有終の美

ステファノス・チチパス
ステファノス・チチパス
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)が第5シードのD・ティーム(オーストリア)を6-7 (6-8), 6-2, 7-6 (7-4)の逆転で下した。大会初優勝を果たして有終の美を飾り、今季3勝目、キャリア通算4勝目をあげた。

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

決勝戦、チチパスはファイナルセットのタイブレークで4-1とリードしたがティームの強打に押されて4-4に追いつかれるも、そこから再び集中力を上げて3ポイントを連取。チャンピオンシップポイントではワイドへのサービスが決まり、2時間35分の死闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチチパスのコメントが掲載されており「初めての大舞台でこんなに緊張してプレーし、とてもイライラした。(ファイナルセットで)先にブレークしたけど、それを維持することができなかった。勝敗の行方はタイブレークに委ねられた。コートで出し切った最高のパフォーマンスと戦いには本当にホッとした」と振り返った。

「観客からの応援は驚異的なものだった。コートにいる間、ずっと応援団がサポートしてくれた。彼らから大きなエネルギーをもらい、自信とやる気を与えてくれた。ギリシャの国旗を持って、今日ここへ応援に来てくれたファンの1人1人に感謝したい。地元でプレーしているかのような気分だった」

「ずっとローラーコースターのようだった。今こうしてトロフィーを持っているのは驚き。この大会は信じられないものだった。とても感情的。こんな大舞台で、こんなに多くの応援を受けたことはなかった。この1週間の雰囲気は信じられない」

チチパスはティームに今年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)決勝で逆転負けを喫していたが雪辱を果たした。

準優勝のティームに向けて、チチパスは「あなたから多くの影響を受けてきた。今日僕らがコートで披露した戦いは、まさに素晴らしかった。それはテニスというスポーツを素晴らしいものにしている」と述べた。

一方、予選ラウンドロビンで第2シードのジョコビッチと第3シードのR・フェデラー(スイス)、準決勝では昨年覇者で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)を破っていたティームは惜しくも大会初優勝とはならなかった。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル(スペイン) 2勝1敗
(4)D・メドヴェデフ(ロシア) 0勝3敗
(6)S・チチパス 2勝1敗
(7)A・ズベレフ 2勝1敗

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ(セルビア) 1勝2敗
(3)R・フェデラー 2勝1敗
(5)D・ティーム 2勝1敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) 1勝2敗




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とチチパスに怒り
・会見強制移動「理解できる」とティーム
・錦織に雪辱「みんな苦しんだ」とティーム

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年11月18日7時15分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!