国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「芝では普通」とフェデラー

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク169位のJ・クラーク(イギリス)を6-1, 7-6 (7-3), 6-2のストレートで下し、6年連続17度目の3回戦進出を果たした。試合後の会見では「良いスタートが切れた」と振り返った。

>>錦織vsジョンソン 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

この試合の第1セット、フェデラーはクラークにブレークを許さずに先行するも、第2セットでは互いにブレークチャンスを握ることができないままタイブレークに突入。クラークにミニブレークを与えるも、フェデラーは5ポイントを連取しセットカウント2−0とリードを広げた。

第3セットではファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得するなど圧倒し、1時間37分で勝利を決めた。

試合後の記者会見で記者に、第2セット以外は圧巻だったと質問されたフェデラーは「自分もそう思った。良いスタートが切れた。それはどんな時でも良いこと。前の試合よりも一層攻撃的にプレーするようにしていて、それができた」

続けて「第3セットでは反応がまた良くなった。第2セットは接戦になったが、それでも、必要な時に集中もサービスもしっかり維持することができた。サービスはとても安定していたと思ったし、サービスゲームをしっかりキープできた。リターンもベストを尽くした。時にはうまくいったが、いかなかった時もあった。芝ではそれが普通のこと」と語った。

2017年以来2年ぶり9度目のウィンブルドン優勝を狙う37歳のフェデラーは、ベスト16進出をかけて3回戦で第27シードのL・プイユ(フランス)と対戦する。プイユは2回戦で世界ランク116位のG・バレール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第3シードのR・ナダル(スペイン)、第8シードの錦織圭、第12シードのF・フォニーニ(イタリア)らが3回戦へ進出したが、第9シードのJ・イズナー(アメリカ)や第13シードのM・チリッチ(クロアチア)らは姿を消した。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 15歳に脱帽「俺より速い」
・初Vフォニーニ「目標だった」
・ルール違反に怒りのマレー

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月5日15時35分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!