- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジュニアクリニックを開催

メイイズモト,井藤祐一
ジュニアテニスクリニックを開催
画像提供: tennis365.net
tennis365.netは9日、タレント・俳優活動の傍らテニス普及活動やジュニア選手の育成を行っているメイ・イズモト(松竹芸能所属)と、JTA日本ランキングでシングルス自己最高5位の井藤祐一によるジュニアクリニックをミズノスポーツプラザ舞洲(大阪府大阪市此花区)で開催。

現在ボランティアでジュニア育成・普及活動を行うメイイズモトとゲスト講師が「もっと試合に勝ちたい」、「もっと上達したい」と考えるテニスに真剣なジュニアのために開催している本企画。メイと井藤によるジュニアクリニックの開催は今年の1月に続いて2回目。

メイは大阪府堺市出身で小学校からテニスを始め、高校はテニスの強豪校、清風高校に進学し、全国選抜高校テニス大会では団体戦で3位に入賞。アメリカ留学を経て国内大会に精力的に出場するなどの実績を持つ。
>メイ・イズモト公式ブログ<




メイ・イズモト

現在32歳の井藤は身長184cmと日本人プレーヤーとしては恵まれた体格を生かした、強烈なサーブとストロークが武器。メイと同じく清風高校出身で、2004年の全日本ジュニアテニス選手権では18歳以下の部門で単複優勝。プロ転向後はツアー下部大会のITFフューチャーズで単複で多くの優勝をおさめている。


井藤祐一

この日は午前に小学校3年生から中学3年生を対象としたオープン参加型のクリニックを開催し、午後には昨年4月から毎月選抜メンバーを対象に行っている「tennis365.netxメイ・イズモト ジュニア育成共同プロジェクトsupported byミズノ」の月例練習会が行われた。

クリニックではストローク中心の基礎メニューを通じて、前後左右、あらゆるボールに対して自分が打ちやすいポイントでボールでとらえることを重視して行われた。



井藤からジュニアに向けて、「ボールに力を伝えやすいパワーポジションで、いかに多くボールを打てるようになるかが重要。試合中に、より多くパワーポジションで打つ回数を増やすことができれば、力のあるボールを、自分でコントロールすることができる」とアドバイスが送られた。

午後より行われた選抜メンバーの練習会では前回と同様に、井藤が実際に練習時に行っているウォームアップ、ストレッチ、体幹トレーニングのメニューを約1時間かけて実施。



「ウォームアップの目的は、身体をテニス(試合)に臨める状態を作ること」と語る井藤は、最初のランニングにおいても惰性で走るのではなく、「自分でペースを作ることが大事。ゆっくり身体を温めるタイミングなのか、強度を上げて負荷をかける場面なのかを意識してコントロールすること」とコメント。

オンコートでの練習はストローク中心の基礎メニューに加えて、タイブレークでのマッチ練習を行い、その後に井藤が試合のフィードバックを行った。



井藤は「練習のときの1球1球に対して、試合と同じように集中して臨んでいるか。試合の時は集中して練習では集中していない、それでは練習の質は上がらないし、結局練習で出来ていないショットは試合でも入らない。練習の1球1球をなんとなく打つのではなく、目標・狙いを決めて集中して取り組むことが試合に繋がる」とジュニアに向けてアドバイスを送った。

練習会終了後の総括でメイは「この練習会は、(トライアウトで)選抜されたメンバーのみで行われているので、参加したいけど出来ないメンバーの分もこの時間を大切にして、集中しよう。どんなに遠いボールだろうが、アウトだろうが、あきらめずに最後までボールを追っていこう」とコメント。



そしてゲスト講師を務めた井藤は、「今日いくつかアドバイスしたことは、普段みんなが教わっているコーチが伝えていることと同じだと思います。言い方は違えど、より良い練習を行うため、試合に勝つために大事なことを自分なりのアプローチで伝えたつもりです。明日からの練習で生かしていってもらえたら嬉しいです」と語った。

また午前のクリニック、練習会後には井藤、メイがアドバイザリー契約を結ぶゴーセンより提供された景品が参加者にプレゼントされた。

【協力】
ミズノ株式会社株式会社ゴーセン越後屋スタジオ

【今後の活動予定】
メイ・イズモト
3月30日(土)・31日(日)21時よりテレビ朝日系で放送される2夜連続スペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』@ex_akechiの第2夜に出演。
>番組公式HP<

井藤祐一
3月11日より予選が開幕する三菱電機・早稲田大学インターナショナル テニス オープン 2019に出場。

■関連ニュース

・ジュニアPJ 第1回クリニック開催
・上杉 海斗 Jrクリニック開催
・第4回ジュニア練習会を開催
■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年3月11日13時30分)

オススメ記事
その他のニュース

5月25日

フェデラー 全仏Vは「疑問」 (17時04分)

V王手ズベレフ「うれしい」 (16時11分)

キリオス 全仏OP出場を辞退 (14時22分)

錦織「30・40位すごく強い」 (12時02分)

大坂 世界1位は「認識ない」 (11時32分)

第1シード撃破で初V王手 (10時37分)

【告知】錦織vsアリス (10時05分)

全仏OP 奈良くるみが本戦へ (9時38分)

5月24日

錦織「物足りない感ある」 (23時32分)

大坂 右手は「よくなっている」 (23時13分)

添田豪、全仏本戦入りならず (19時48分)

錦織 全仏初戦は世界153位 (16時45分)

ズベレフ 世界92位を称賛 (12時51分)

カナダ勢の若手で明暗分かれる (12時07分)

錦織ら全仏OP組み合わせ発表 (4時07分)

大坂ら全仏OP組み合わせ発表 (3時47分)

全仏予選 日比野と奈良が王手 (0時30分)

5月23日

ダニエル太郎 今季初4強ならず (21時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsジャリー (20時22分)

錦織 全仏向けチチパスと練習 (19時58分)

ドルゴポロフ 復帰の可能性 (18時59分)

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!