- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織4強「トップ5戻りたい」

錦織圭
ベスト4進出を果たした錦織圭
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は3日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの錦織圭が第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を7-5, 7-5のストレートで破り、2017年以来2年ぶり5度目のベスト4進出を果たした。

>>錦織vsシャルディ 1ポイント速報<<

>>錦織らブリスベン国際 対戦表<<

この日、第1セットを先取した錦織は第2セットに入るとディミトロフに流れが傾き、ゲームカウント1−4とリードを許す。しかし、ウィナーを決めるなどで息を吹き返すと第10ゲームから3ゲーム連取の猛攻で勝利。1時間40分でストレート勝ちをおさめた錦織は右拳を握りしめた。

ブリスベン国際のツイッターには錦織のオンコートインタビューの動画が掲載されており「タフな試合になると思っていた。彼(ディミトロフ)は素晴らしい選手で、厳しいラリーもたくさんあった。お互い、いいプレーをしていた。今日のプレーには満足している」とコメント。

錦織はディミトロフに2017年のブリスベン国際決勝で惜敗していたが、今回で雪辱を果たした。

「3セットにいくかと思っていた。第2セットで彼はよりいいプレーをしてきた。1−4とリードされて、それまでの数ゲームよりいいテニスをしなければと思っていた。最後の数ゲームはとても安定したテニスができたし、勝ててうれしく思っている」

2017年に右手首のけがを負った錦織はタフなシーズンを送ったが、昨年1月に復帰すると11月にNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)へ出場、さらに世界ランキングではトップ10へ返り咲く活躍だった。

インタビュアーに「かつてトップ5にいた頃のテニスが戻ってきていると感じているか?」と聞かれた錦織は「そう感じている。またトップ5へ戻りたいと思っているし、それが次の目標。去年の終盤は最高のテニスができたし、今週もそれができている。この大会からシーズンをスタートさせることができてとてもうれしい」と意欲を見せた。

準決勝では、世界ランク40位のJ・シャルディ(フランス)と対戦する。シャルディは準々決勝で予選勝者の内山靖崇をフルセットで下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・大坂、世界11位破り4強へ
・錦織ら 全豪OP本戦出場一覧
・錦織「かわいそうに思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年1月3日22時18分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!