- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「トップ5返り咲きたい」

男子プロテニス協会のATPは29日に公式サイトで、世界ランク9位の錦織圭を特集した。

>>錦織らブリスベン国際 対戦表<<

>>錦織 初戦1ポイント速報<<

錦織は2017年のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)以降、手首のけがの治療でツアーを離脱。その治療を続けるために全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場した。

錦織は2018年の1月にATPチャレンジャーから復帰を始めるも、同大会の1回戦で当時世界ランク238位のD・ノビコフ(アメリカ)に敗れた。

しかし、シーズンが進むにつれてベストのテニス、さらに重要な健康も取り戻した。シーズンを締めくくるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への出場権も獲得し、予選ラウンドロビン初戦ではR・フェデラー(スイス)を破った。

「自分のテニスを取り戻すのに多少の時間がかかった。同時に手首の痛みもあった。100パーセント治すためにも時間が必要だった」とブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)から2019年をスタートさせる錦織は振り返った。

「あの時はシーズンをトップ10入りして終われるなど想像もしていなかった。でもロンドンの最終戦出場で終えることができたことは、とてもうれしく思っていた」

錦織は、ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、 ATP1000)の準優勝やウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)8強進出など、早い段階でベストなテニスの兆しを見せながらも、Nitto ATPファイナルズへの出場は視野に入っていなかった。

「明らかに前進だった」と語るのは錦織のコーチであるD・ボッティーニ氏。

錦織にギアが入った。Nitto ATPファイナルズまでの6大会では全てベスト8以上の成績を残す安定感を見せた。特に全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではベスト4進出を果たす活躍だった。

オフシーズンの間、錦織は10代から拠点としている第2の故郷であるアメリカのフロリダにあるIMGアカデミーで練習とトレーニングを積んだ。シーズン終盤の勢いを継続させるためにあらゆる手を尽くしている。

錦織は日本に残ることもできたがテニスに集中するため、日本を離れIMGアカデミーへ移ることを選択していた。

「13歳から現在に至るまで、彼が成功するのは分かっていた」と述べたのは、錦織のジュニア時代のコーチであるP・フォーシス氏。

12月29日に29歳の誕生日を迎えた錦織は、プロテニス選手として成功をおさめてきた。多くの日本メディアが12月半ばにフロリダで行われたメディア・デイに押し寄せ、新しいシーズンへの準備の一部始終を記録していた。

ボッティーニ氏は「彼(錦織)はマイケル・ジョーダンのようで、アルゼンチンのディエゴ・マラドーナのよう」と錦織のスター性について語った。

「彼を描いた飛行機があると聞いた。それは驚くべきこと。彼は日本でアイドル」とフォーシス氏も語る。

錦織の勢いは衰える様子を見せない。さらなる上昇を続け、高い目標を設定したいと思っている。

「またトップ5に返り咲きたいと願っている。そして大きな大会で優勝したい」と錦織は2019年への抱負を語っていた。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・錦織29歳 20代最後のシーズン
・錦織「かわいそうに思った」
・錦織 ハワイ初V、来季へ弾み

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月30日18時29分)

その他のニュース

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

10月22日

ラオニッチ 19本エースで8強 (21時56分)

トップ選手が引退発表に反応 (20時28分)

西岡良仁 2回戦は第7シード (18時26分)

激闘制し第2シード撃破で8強 (17時17分)

望月慎太郎 エジプトで初戦突破 (16時01分)

第1シード破り8強「重要な勝利」 (15時54分)

辛勝に「精神的にきつかった」 (14時48分)

躍進シナー「タフな1年だった」 (12時18分)

ディミトロフ 逆転で8強入り (11時29分)

第1シード土居 単複で初戦突破 (10時44分)

前週Vズベレフ 10本DFも8強 (9時00分)

元世界9位ゲルゲス 引退を発表 (7時50分)

10月21日

世界528位がツアー初白星 (16時08分)

16歳ガウフ 元複1位に勝利 (14時58分)

好調の19歳 完勝で初戦突破 (14時25分)

マクラクラン 快勝で初戦突破 (11時54分)

21歳デ ミノーがガスケ撃破 (10時17分)

ナダル、パリ出場を発表 (8時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!