- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ツアー最終戦 東京が候補地に

Nitto ATPファイナルズ
Nitto ATPファイナルズ
画像提供: tennis365.net
男子テニス協会のATPは15日、ツアー最終戦 Nitto ATPファイナルズの2021年から2025年の開催候補地として、マンチェスター(イギリス)、シンガポール、トリノ(イタリア)、現開催地のロンドン、そして東京が候補として挙がっていることを発表した。

現在のロンドン・O2アリーナでは2009年から開催され、2020年までの契約となっており、2021年以降の開催地は2019年3月までに決定する。今年の8月に次の開催候補地の入札が開始し、世界中の40以上の都市がこのシーズン最終戦の開催地となることに関心を示した。

ATPのエグゼクティブ・チェアマン兼プレジデントのクリス・カーモード氏は、候補地リストとともにコメントを発表した。「大々的な公募を通して世界中から集まった興味の高さは、2009年から開催しているO2アリーナでの大会の成功と共に、この独自の大会の豊かな伝統を示している」

「選出には高い競争が強いられており、リストにある立候補した都市は、我々の傑作と言えるこの大会の成長を継続させる計画に対して、尊敬の気持ちを表す情熱や、建設的なビジョンを示している都市として、多大な称賛に値する都市である」

「ATPファイナルズは一度も立ち止まったことはなく、どの大会においても常に躍動的で世界中のファンやスポンサー、メディアと密接な関係を持ち続けている。ロンドンが高い基準になってきたのは間違いのないことで、本日最後にリスト入りしたことが発表された。我々は男子プロテニス界における頂点となる代表の大会への次なるチャプターを決める適切な判断を下すものになれると信じている」

また開催地の変更についてR・フェデラー(スイス)は今年のファイナルズ開幕直前の会見でコメントをしている。

「もし大会がこのままロンドンになるなら、いい選択だと思っている。その他の選択肢が何かは知らない。選択肢を見てみるのは大切なこと」

「会場を変える理由は見当たらない。これから先、何年もサポートし続けたいという都市があれば。自分個人としてはテニスをとてもよく知っていて、メディアの強い支持を受けているロンドンのような都市でのプレーをエンジョイしていた。選手としても僕らの才能を披露するためにロンドンは良い場所」

男子ツアーの最終戦であるファイナルズは1970年に東京体育館で第1回大会が開催されており、実に51年ぶりに東京での開催が実現する可能性を残している。

※訂正※
41年ぶり→51年ぶりに訂正いたしました。

錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。

【放送予定】
12月15日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・フェデラー 移転に自身の見解
・錦織らのスリーショットが話題に
・錦織ら 全豪OP本戦出場一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月15日16時14分)

その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!