- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 移転に自身の見解

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は9日、2011年以来7年ぶり7度目の優勝を狙うR・フェデラー(スイス)が会見で意気込みを語った。

>>錦織らファイナルズ組み合わせ表<<

>>錦織vsフェデラー 1ポイント速報<<

この日、37歳のフェデラーは今シーズンを振り返り、ロンドンのO2アリーナで記念すべき100回目の優勝トロフィーを掲げてシーズンを締めくくりたいと考えている。

今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で2連覇を果たし、四大大会歴代最多20勝目をあげた。その後も4大会で優勝し、今季は46勝8敗の成績を残した。

「またグランドスラムで優勝できたことは、とてもうれしく思っている。シーズンを通していいプレーができたことには、かなり満足。ウィンブルドンと全米オープンでは望んでいたようにいかなかった。今シーズンは、その2つが唯一落胆したものだった」

「たくさんの大会で優勝できたし、全豪オープンでは最高のプレーができた。故郷のバーゼルでも。本当に安定したシーズンを送れた。けがもなかった。だから、とても満足している」

ATPファイナルズで最多6度の優勝を誇るフェデラーは優勝を熱望している。これまで99度のATPツアー優勝を持つフェデラーは16年間で15度この大会に出場している。2016年は膝のリハビリでシーズンを途中で切り上げていた。

「この大会でプレーするのが大好き。2002年に初めて出場した時以来、ずっとそうだった。世界のトップ8選手の中にいられるのは、自分のテニス人生で最大のハイライトだった。ここO2アリーナは素晴らしい観客で、美しく最高の会場」

初めてO2アリーナを会場としたのは、N・ダビデンコ(ロシア)が決勝でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を下して優勝した2009年から。O2アリーナでの開催の契約は2020年までだが、2021年から先の計画は2019年に発表される。

「もし大会がこのままロンドンになるなら、いい選択だと思っている。その他の選択肢が何かは知らない。選択肢を見てみるのは大切なこと」

「会場を変える理由は見当たらない。これから先、何年もサポートし続けたいという都市があれば。自分個人としてはテニスをとてもよく知っていて、メディアの強い支持を受けているロンドンのような都市でのプレーをエンジョイしていた。選手としても僕らの才能を披露するためにロンドンはいい場所」

グループ・レイトン・ヒューイットのフェデラーは、初戦で錦織圭と対戦する。この試合は日本時間12日の5時(現地11日の20時)以降に開始予定。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
N・ジョコビッチ(セルビア)
A・ズベレフ(ドイツ)
M・チリッチ(クロアチア)
J・イズナー(アメリカ)

【グループ・レイトン・ヒューイット】
R・フェデラー
K・アンダーソン(南アフリカ)
D・ティーム(オーストリア)
錦織圭

錦織 圭選手を応援しよう!
男子テニスATPワールドツアー「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信!

【配信予定】
11月11日(日)〜11月18日(日) ※大会第1日目無料配信
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・フェデラー「圭はギア上げた」
・錦織 デルポ気遣う「回復祈る」
・デルポ「悔しい」 最終戦欠場

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月10日20時03分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!