- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「なおみは誇り」とバイン氏

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、室内ハード、プレミア)は23日、シングルス決勝が行われ、第3シードの大坂なおみは第4シードのKa・プリスコバ(チェコ)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、日本凱旋優勝とはならなかった。試合後、コーチのサーシャ・バイン氏が会見に登場し、決勝戦を振り返った。

今年からコーチについたバイン氏は、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)と9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で大坂の優勝を導いた。

今大会もコートサイドから大坂を見守ってた。

決勝戦の直前について、バイン氏は「僕らはいつも通りのルーティンをした。ウォームアップをして、決勝の作戦を話し合った。他の試合でやっていることと一緒だから、決勝のために特別なことをしたわけではない」と明かした。

続けて、決勝戦の大坂のプレーは「いつもよりもミスが多かった気がする。プリスコバ選手に手堅いプレーをされた」と振り返った。

オンコートでコーチングをした際については「ちょっと気持ちが入り過ぎていたから、それを指摘して修正しようとした。小さなミスを修正できればプリスコバ選手にプレッシャーをかけられて、違う展開になったかもしれない」と語った。

1995年の伊達公子以来23年ぶりの日本勢による優勝とはならなかったが、バイン氏は全米オープンから活躍する大坂を「今週のなおみの活躍は誇りに思う。あれだけ大きな大会で優勝した後、なおみは集中をキープし、この大会に臨んでいた」と評価した。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!
錦織圭出場の「モゼール・オープン」も連日配信中!

【放送予定】
9月17日(月・祝)〜9月23日(日・祝)[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・大坂なおみ 最終戦ランク4位
・大坂 朝食はコンビニのおにぎり
・セリーナ 大坂なおみに太鼓判

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月23日21時33分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!