- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

完璧主義者の大坂は満足せず

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会6日目の1日、女子シングルス3回戦が行われ、第20シードの大坂なおみが世界ランク33位のA・サスノビッチ(ベラルーシ)を6-0, 6-0のストレートで破り、大会初のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsコールシュライバー 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

20歳の大坂はわずか50分で勝利し、日本勢女子で2004年の杉山愛浅越しのぶ以来14年ぶりの全米オープン16強入りを決めた。

1回戦を終えた際の会見で「自分は完璧主義者」とコメントしていた。

この日もサスノビッチに完勝したが「否定的に思われたくないけど、最高のテニスではなかった。なぜなら、何かもっといいことができたと思えたから。それが自分のいいところの1つ。でも悪いところでもある。なぜなら、満足することがないから。試合中はスコアを考える必要はなかった。このまま勝ち続けることだけを考えていた」とコメント。

4回戦では、第26シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。前週のコネチカット・オープン(アメリカ/ニューヘイブン、ハード、WTAプレミア)でツアー初優勝を飾っている20歳のサバレンカは、3回戦で第5シードのP・クヴィトバ(チェコ)をストレートで下しての勝ち上がり。

大坂は「1試合1試合に集中するようにしなければいけないと思っている。もちろん、優勝するためにこの大会へ来た。でも、それはすぐに訪れるゴールではない。何試合にも勝って訪れる結果。だから、今は次の試合だけに集中している」と四大大会初制覇へ向けて気を引き締めた。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!新規ご加入の方がもれなくもらえるプレゼントもあり!(応募締め切り:9月15日24時まで)

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ
・ルール違反に怒りのマレー

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月2日16時30分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!