- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大学王座 早稲田アベックV

22日から25日にかけて行われる全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は25日、大学の頂点をかけて女子決勝が行われ、第2シードの早稲田大学は第1シードの慶應義塾大学に4−1で勝利し、大会10連覇と11度目の優勝を果たした。また、男子も優勝が決まったため早稲田大は10年連続のアベック優勝となった。

>>大学王座 対戦表<<

ダブルスで2勝をあげた早稲田大。その後に行われたシングルスでは、宮地真知香(日本)と林恵里奈がフルセットの末に勝利。この時点で早稲田大の優勝が決まった。

迎えたシングルス1では吉冨愛子(日本)がフルセットの末に敗れるも、早稲田は4勝1敗で慶應義塾大に勝利した。

また、早稲田大は男子も優勝を決めており10年連続のアベック優勝となった。

ダブルスの対戦結果は以下の通り。

===========================================

【早稲田大学 vs 慶應義塾大学】

D1 ○梶谷桜舞/ 上唯希 4-6, 7-5, 6-3 池田怜/ 西本恵(日本)

D2 ○林恵里奈/ 細沼千紗 6-4, 7-5 安形玲耶/ 村瀬早香●

S1 ●吉冨愛子 1-6, 6-2, 4-6 西本恵○

S2 ○宮地真知香 6-1, 4-6, 6-0 押野紗穂●

S3 ○林恵里奈 6-3, 3-6, 6-0 江代純菜●

※訂正※
冒頭の結果で「5−0」とありましたが、正しくは「4−1」でした。
また、正しくは「吉冨愛子 1-6, 6-2, 4-6 西本恵」です。


■関連ニュース■ 

・大学王座 女子決勝は早慶対決
・大学王座 西本敗れるも慶應決勝
・大学王座 決勝は3年連続早慶
(2015年10月25日20時31分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!