- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

奈良、最後5ゲーム連取許す

女子テニスツアーの東レ・パン・パシフィック・オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード)は24日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク80位の奈良くるみ(日本)が同11位で第4シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)に健闘するも2-6, 4-6のストレートで敗れてベスト8進出とはならなかった。

>>東レPPO対戦表<<

この試合、第1セットの第1ゲームからプリスコバにブレークを許した奈良。持ち味である粘りのプレーで食らいつくも、身長186センチのプリスコバに高い打点から打ち込まれ、1度もブレーク出来ずにこのセットを落としてしまう。

第2セットでは、調子を掴み始めた奈良が第4ゲームでブレークに成功。続くサービスゲームをキープしてゲームカウント4−1とリードする。しかし、プリスコバのテンポの速いラリーや鋭いコースへの強打に圧倒され、その後5ゲーム連取を許して敗れることとなった。

現在23歳の奈良は、今大会1回戦でまさかの顔合わせとなった土居美咲(日本)との日本人対決を制しての勝ち上がり。過去同大会の本戦に4度出場しているがいずれも初戦で敗れており、今回は大会初の2回戦進出だった。

また、ダブルスにも土居と主催者推薦枠で出場している奈良は、21日に行われた1回戦では第1シードのR・コップス=ジョーンズ(アメリカ)/ A・スピアズ(アメリカ)組を撃破しベスト8進出を決めている。

先週まで有明で行われていたジャパン・ウィメンズ・オープンテニス2015でも土居とペアでダブルスに出場し、ツアー初の準優勝を飾った。

一方、勝利したプリスコバは準々決勝で第7シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)E・スイトリナ(ウクライナ)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 

・東レ本戦 まさかの土居vs奈良
・奈良 土居との日本勢対決制す
・土居・奈良組 第1シード撃破
(2015年9月24日17時38分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!