- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ハレプ初8強 準々決勝は元1位

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は7日、女子シングルス4回戦が行われ、第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)が第24シードのS・リシキ(ドイツ)を逆転で下して大会初のベスト8進出を果たした。また大会8日目が終了し、ハレプを含む8強が出揃った。

>>全米オープン対戦表<<

この試合、タイブレークの末に第1セットを落として追い込まれたハレプは、リシキの強打に苦しむも1セットオールに。その後、ミスが増え始めたリシキに対して攻めの姿勢を崩さなかったハレプは、第3セットでリシキに1度もブレークを許さない試合を展開し、2時間38分で勝利した。

最後リシキのバックハンドがアウトして勝利が決まった瞬間、ハレプで両手を力強くガッツポーズをして喜びを表現していた。

グランドスラムでは2014年の全仏オープン準優勝が自己最高成績のハレプ。その時は決勝でM・シャラポワ(ロシア)に敗れた。現在世界ランク2位に位置しているが未だ四大大会のタイトル獲得には至っていない。

準々決勝では、第20シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。

元世界ランク1位のアザレンカは、3回戦で第11シードのA・ケルバー(ドイツ)を2時間51分のフルセットの末に下し、4回戦ではV・レプシェンコ(アメリカ)にストレートで勝利した。

全米オープンでは、2012・2013年と2年連続で決勝進出を果たすが、いずれもS・ウィリアムズ(アメリカ)に敗れて準優勝となっている。グランドスラムでは、全豪オープンで2度の優勝を誇る。

同日の4回戦では、第5シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)J・コンタ(英国)をストレートで下して大会初の8強入りを決めた。クヴィトバは、今大会前哨戦であるコネチカット・オープンでL・サファロバ(チェコ共和国)を下して優勝を飾っている。

準々決勝では、第26シードのF・ペネッタ(イタリア)と顔を合わせる。

33歳のぺネッタは、3回戦でP・ツェトコフサ(チェコ共和国)、4回戦で第22シードのS・ストーサー(オーストラリア)を下しての勝ち上がり。3年連続でベスト8進出を果たした。

現在世界ランク26位のペネッタは、シングルスで2009年8月に記録した10位が自己最高位。ダブルスでは2011年に世界ランク1位まで上り詰めた。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・ハレプ 2時間半の死闘制す
・セリーナ 27度目の姉妹対決へ
・転倒で脳震盪、4回戦を棄権
(2015年9月8日18時03分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!