- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

男になった添田豪、ワールドグループ復帰「チームに助けられた」<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦の大会3日目、シングルス第2試合に登場した添田豪(日本)A・ファリャ(コロンビア)を4-6, 6-4, 6-3, 6-3の逆転で下し、日本は通算3勝2敗でワールドグループ復帰を決めた。

添田豪はファリャに12本のサービスエースを決められ、第1セットを落とす苦しい展開を強いられた。しかし、第2セットから息を吹き返した添田豪は、13度のブレークチャンスから7度のブレークに成功し、2時間53分で勝利した。トータルポイント獲得数は添田豪の130に対し、ファリャは115だった。

監督の植田実氏はワールドグループ復帰を決めて「苦しい戦いでしたが、1人1人が仕事をしてくれた。その中で何度も辛い思いをしてきた添田豪が男になってくれたと思う。」と、話した。

重圧がかかる大舞台を制した添田豪は「2-2で回ってきたら、嫌な思い出しかなかった。待っている時は、本当に辛かった。ただ今日は、今までの経験もあった。とにかく自分のプレーをしようと思い戦った。」と、涙ながらにコメントした。

「観客の力で僕を引き上げてくれた。コロンビアの力もあって、僕もこのようなテニスが出来た。監督・選手ら、素晴らしいサポートだった。とにかく、このようなプレーはデ杯ではないと出来ないと思うし、チームに助けられたのは大きい。」

ワールドグループ復帰については「もう1度ワールドグループにいけた。また皆強くなって、次のデ杯に備えたいと思います。」と添田豪は、今後の意気込みも語った。

大会1日目の第1試合に登場した錦織圭(日本)はファリャをストレートで破り、幸先の良いスタートを切った。しかし、第2試合では添田豪がS・ヒラルド(コロンビア)にフルセットの激闘の末に敗れてしまった。

大会2日目は当初予定していた錦織/ 添田豪組から杉田祐一(日本)/ 伊藤竜馬(日本)組に変更するも、J・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)に完敗を喫し、日本は1勝2敗と追い込まれていたが、3日目の第1試合で錦織がヒラルドに完勝した。

そして、添田豪がファリャに逆転勝利を収め、コロンビアに3勝2敗で勝利した日本は、ワールドグループ復帰を果たした。

日本は2011年にワールドグループ・プレーオフでインドに勝利し、ワールドグループ復帰を決めた。しかし、2012年2月に行われたワールドグループ1回戦のクロアチア戦は2-3で敗れ、同年9月にワールドグループ残留をかけたイスラエル戦では2-3で敗れたため、アジア・オセアニアゾーン1部に降格となっていた。

クロアチア戦とイスラエル戦はともに2勝2敗となり、第5試合に出場したのは添田豪だった。

今年、日本は錦織が不在の中、添田豪・伊藤竜馬・杉田祐一・内山靖崇(日本)守屋宏紀(日本)が出場し、アジア・オセアニア・ゾーン1部1回戦でインドネシアに5勝0敗、さらに2回戦では韓国に3勝2敗で勝利を収め、ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)進出を果たした。

今季、添田豪は全豪オープンで2回戦へ進出。その後は不調に陥り、全仏オープンでは初戦で姿を消した。以降も調子は上がらなかったが、予選から出場したウィンブルドンでは本戦1回戦で勝利し、復活を印象付けた。さらに全米オープンでも予選3試合を勝ち抜き、本戦1回戦でM・バグダティス(キプロス)と互角の打ち合いを披露した。

一方、添田豪に敗れたファリャはこれまでツアータイトルを獲得しておらず、自己最高ランクは2012年の7月に記録した48位である。29歳のファリャは2010年のウィンブルドン1回戦で、R・フェデラー(スイス)に対して7-5, 6-4, 4-6, 6-7 (1-7), 0-6で敗れるも大健闘した。

日本とコロンビア戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× A・ファリャ 6-3, 6-4, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ×-○ S・ヒラルド 4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:杉田祐一/ 伊藤竜馬 ×-○ J・S・キャバル/ R・ファラ 1-6, 2-6, 1-6

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× S・ヒラルド 6-1, 6-2, 6-4
・シングルス第2試合:添田豪 ○-× A・ファリャ 4-6, 6-4, 6-3, 6-3


■関連記事■

《錦織圭「素直にむちゃくちゃ嬉しい」<デビスカップ>》

《エース対決制した錦織「やる事はやった」、日本ワールドグループ復帰へ逆王手<デビスカップ>》

《錦織圭、添田豪に向けて「思い切りやってほしい」「実力を出せば絶対に勝てる」<デビスカップ>》

《1勝目あげた錦織「日本の魂を心に刻んで戦った」<デビスカップ>》

《悔まれるフォアのミス、添田豪チャンス逃す<デビスカップ>》

《完敗、杉田祐一/伊藤竜馬組は流れ掴めず<デビスカップ>》
(2013年9月15日19時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月23日

ティーム 手首負傷で途中棄権 (8時42分)

WB予選、添田豪は初戦敗退 (7時26分)

西岡 元18位セッピに屈す (2時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsセッピ (2時18分)

【1ポイント速報】内山vsペニストン (0時39分)

WB予選 内山靖崇が逆転勝ち (0時39分)

6月22日

伊藤竜馬 WB予選2回戦進出 (22時15分)

望月慎太郎 WB予選2回戦へ (20時51分)

【1ポイント速報】望月vsガストン (20時49分)

ケルバー 初戦で完勝 (19時07分)

シフィオンテク「調子良い」 (17時59分)

ロペス キャリア499勝目 (17時35分)

ツォンガ「新世代と競争を」 (16時17分)

五輪欠場へ「苦渋の決断」 (15時28分)

ハチャノフ 熱戦制し初戦突破 (14時31分)

「プリンスストリング6アイテムスピン実験のまとめ」 (14時31分)

ルブレフ3位 21日付最終戦ランク (13時00分)

ルード 今季マッチ23勝目 (12時09分)

シャポバロフ 東京五輪を欠場 (10時54分)

世代交代は「近づいてる」 (9時51分)

ワウリンカ 左足の再手術を公表 (7時51分)

ウィンブルドン予選 雨天順延 (0時56分)

日本女子 WB予選ドロー決定 (0時38分)

6月21日

土居美咲 久しぶりの初戦突破 (18時52分)

ティーム「芝は分からない」 (18時07分)

メド「芝でのプレーは好き」 (17時13分)

世界106位がV「信じられない」 (16時16分)

錦織 53位で日本勢トップに (15時22分)

ジャバー 悲願のツアー初V (13時59分)

フェデラーと錦織 2020モデル発表 (11時43分)

大坂なおみは世界2位をキープ (10時38分)

フェデラーと錦織 最新ウエア (9時29分)

錦織53位へ 21日付世界ランク (7時59分)

綿貫陽介 マヨルカ本戦ならず (7時19分)

日本男子 WB予選ドロー決定 (0時39分)

6月20日

ベレティーニが今季2勝目 (23時59分)

アンベール ルブレフ下し優勝 (23時05分)

16年準優勝 ラオニッチ欠場 (20時42分)

西岡良仁、初戦は予選勝者に (18時14分)

日比野 今季芝で初白星ならず (16時02分)

世界106位が元女王下し決勝へ (14時54分)

シングルス敗退も複で決勝へ (13時57分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (13時54分)

ハレプ欠場、WBへ不安残す (11時44分)

シャポ 1日2試合制せず敗退 (10時36分)

綿貫陽介 激闘制し本戦に王手 (9時07分)

芝で初の決勝へ、9勝目に王手 (8時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!