- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界15位ジネプリ、復活に向け好発進◇米男子クレーコート選手権

男子テニスツアーの米男子クレーコート選手権(アメリカ/テキサス州ヒューストン、賞金総額45万5775ドル、クレー)は9日、シングルス1回戦が行われ、予選勝者のR・ジネプリ(アメリカ)が第8シードのM・ラッセル(アメリカ)を6-2, 6-2のストレートで退け、昨年3月のインディアンウェルズ以来となるATPツアーでの勝利を飾った。

2005年12月に自己最高位の15位を記録した30歳のジネプリは、2010年9月に起こしたバイク事故のため左腕を手術。2011年6月に復帰を果たしたものの、昨年はATPツアーレベルでは2勝4敗。今年はフューチャーズ大会からシーズンを始め優勝。その後チャレンジャー大会で準優勝を飾り、先月行われたソニー・オープンでは予選を勝ち上がり本戦入り。惜しくも1回戦敗退を喫したが、徐々に復調の兆しをみせていた。

ジネプリは「俊敏な選手相手にはバランスを崩すような不意をつくようなショットが必要で、相手にリアクションをしずらくする必要がある。それが今日の戦術だったんだ。自分のショットで、彼(ラッセル)をベースライン深くに追いやる事が出来た。それは大きな違いだった。」と、試合を振り返っていた。

現在世界ランク283位のジネプリは、同73位のラッセルに対し、第1セットは1度もブレークポイントを握らせない完璧なサービスゲームを展開、さらに2度のブレークに成功し、このセットを先取。第2セットでも4度ラッセルに握られたブレークピンチ全てを切り抜けたジネプリは、このセットでも2度ブレークし、1時間20分のストレートで初戦突破を決めた。

ジネプリは2009年10月以来のATPツアーでの準々決勝進出をかけて、元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)M・アルンド(アルゼンチン)の勝者と2回戦で対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

J・アイズナー(アメリカ) (5) vs. ●R・ハリソン(アメリカ), 7-6 (7-4), 6-4
F・ベルダスコ(スペイン) (6) vs. ●S・ジョンソン(アメリカ), 7-6 (7-5), 6-2
P・ロレンジ(イタリア) (7) vs. ●G・メルツァー, 6-2, 6-2
●M・ラッセル (8) vs. ○R・ジネプリ, 2-6, 2-6
J・ソック(アメリカ) vs. ●B・クラーン(アメリカ), 7-6 (7-3), 6-3
R・ベランキス(リトアニア) vs. ●J・レヴィン(アメリカ), 6-7 (3-7), 7-5, 6-4
F・チポッラ(イタリア) vs. ●M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン), 4-6, 6-4, 7-5

今大会の優勝賞金は8万2300ドル。


■関連記事■

《今季不調のアイズナー「精神的な戦い」◇米男子クレーコート選手権》

《ブレイクがモンフィスに脱帽、完全復活か◇米男子クレーコート選手権》

《元世界4位ブレイクやジネプリが好発進◇ダラス・チャレンジャー》オープン》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年4月10日20時51分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!