- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナとアザレンカが13度目の激突へ◇ブリスベン国際女子

女子テニスツアーのブリスベン国際女子(オーストラリア/ブリスベン、賞金総額100万ドル、ハード)は大会5日目の3日にシングルス準々決勝4試合が行われ、第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)が予選勝者のK・ペルバク(ロシア)を6-1, 6-0で一蹴し、準決勝で第3シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦を決めた。

世界ランク1位のアザレンカは、第1セットでペルバクに1度ブレークを許したが、第1セット・第2セットを通してペルバクに1度も自身のサービスゲームをキープさせず全てブレーク。69分の圧勝でペルバクを退けた。

「今日はとても良い試合だった。試合の中で厳しいゲームも幾つかあったけど、終始良いプレーが出来たと感じている。大切なポイントではチャンスを生かし切ってゲームを決める事が出来た。それが今日の勝利の鍵だと思う。」とアザレンカは、勝因を分析していた。

2009年に1度だけ今大会へ出場していたアザレンカは、その時は優勝を飾っていたため、今大会の成績を7勝0敗とし、2度目の優勝を目指して準決勝では第3シードで宿敵のセリーナと対戦する。セリーナはこの日、S・スティーブンス(アメリカ)との同胞対決を6-4, 6-3で制しての勝ち上がり。

昨シーズンはウィンブルドンで優勝後、ロンドンオリンピック、全米オープン、ツアー最終戦と全てのビッグイベントを制したセリーナは、自身のサービスで73パーセントの確率でポイントを獲得し、スティーブンスに1度もブレークを許さず、各セットで握ったブレークチャンスをすかさず生かし、72分のストレートで勝利をものにした。

31歳のセリーナに対し19歳のスティーブンスは、アメリカ女子テニス界期待の若手で、2011年のシーズンを97位で終えると、昨シーズンは自己最高位の36位を記録。シーズンを38位で終える活躍をみせていた。

セリーナは「彼女(スティーブンス)が真剣に向かって来たの。これまでもいつも言い続けて来たけど、彼女は本当に良い選手。とても良いテニスをしているし、試合中も落ち着いていて、私自身のキャリアでは、持っていない何かを持っているの。とても成長した姿を見せてくれた。」と、成長著しい後輩を称賛し切っていた。

セリーナはアザレンカとはこれまで12回対戦し、11勝1敗と圧倒している。そのアザレンカとの対戦を問われてこう答えていた。

「スローン(スティーブンス)には感謝しなくちゃ。だってこんな素晴らしい試合をする機会をくれたんだもの。だって明日は、また素晴らしい選手と対戦しなければならないから。しっかり準備が出来ている事を確認しなければならない。特にヴィクトリア(アザレンカ)との対戦には、常に失う物がないという思いで臨まなければならない。なぜなら彼女は昨年最も安定したプレーを見せた選手だから。勝てる保証など何もない。ただコートに立ってベストを尽くすのみ。」

と、対戦成績では圧倒しているものの、アザレンカの実力の高さを認識しながら、試合へ気を引き締めていた。

もう一方の準決勝は、ノーシードから勝ち上がったA・パブリュチェンコワ(ロシア)とラッキールーザーのL・ツレンコ(ウクライナ)との対戦となった。この日、パブリュチェンコワは第4シードのA・ケルバー(ドイツ)を7-6 (7-3), 7-6 (7-3)で、ツレンコはD・ハンチュコバ(スロバキア)を6-3, 6-4で下しての勝ち上がり。

パブリュチェンコワは2回戦で第6シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)を下し、この日も第4シードのケルバーとの接戦を制していた。自身のサービスでは79パーセントと高い確率でポイントを獲得したパブリュチェンコワは、各タイブレークでは終始ケルバーを圧倒し、1時間55分のストレートで勝利を飾った。

「オスシーズンの厳しいトレーニングがシーズン最初のこの大会で成果が出るとは思わなかった。この試合も何とか勝ち切れて本当に嬉しい。彼女(ケルバー)は本当に素晴らしいファイターだし、守りも素晴らしい。だから終始攻撃的なプレーに徹したらそれが功を奏したの。」とパブリュチェンコワは、勝った要因を明かした。

2011年には自己最高位の13位を記録するも、昨年は36位でシーズンを終えるなど、好調さを維持出来なかったパブリュチェンコワ。

「去年は好不調の波が激しく悩まされた一年だった。良い休養が取れて良いスタートが切れている。オフシーズンには全ての事を練習し直して、それが今週徐々に、試合を重ねるごとにコートで現れている。こうして4強入りも出来た。全てがこうして報われて嬉しく感じている。」と、素直な喜びをコメントしてた。

そのパブリュチェンコワと決勝進出懸けて対戦する世界ランク116位のツレンコは、予選最終ラウンドでO・プチコワに敗れていたが、世界ランク2位で第2シードのM・シャラポワ(ロシア)は直前で大会を棄権したため、ラッキールーザーで本戦入りして2回戦から登場していた。その幸運を生かしたツレンコは、これまでのWTAでの最高成績は昨年2月のメンフィスでのインターナショナル大会のベスト8だった。

開幕戦のプレミア大会で見事ベスト4入りしたツレンコは「ラッキールーザーとして本戦入りしたのも初めての事。こんな大きな大会でシャラポワの後に2回戦に入る何て本当に驚きだった。昨日はセンターコートでプレッシャーを感じていたけど、それが終わるともうプレッシャーなんて無くなっていた。今は全てを楽しんでいるし、チャンスが目の前にあるの。それを一生懸命捕まえているだけ。」と、興奮気味に語っていた。

この勝ち上がりでツレンコはトップ90入りが確実となり、昨年記録した自己最高位の94位を塗り替える事が決まっている。もし決勝進出を果たすと、世界ランクも70位前後へジャンプアップする事になる。

この日行なわれた試合結果は以下の通り。

○V・アザレンカ (1) vs. ●K・ペルバク, 6-1, 6-0
○S・ウィリアムズ (3) vs. ●S・スティーブンス, 6-4, 6-3
●A・ケルバー (4) vs. ○A・パブリュチェンコワ, 6-7 (3-7), 6-7 (3-7)
●D・ハンチュコバ vs. ○L・ツレンコ, 3-6, 4-6

今大会の優勝賞金は16万2987ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2013年1月4日10時40分)

その他のニュース

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

1月14日

モヤ 豪はナダルに帯同せず (22時25分)

17歳新星が全豪OP初の本戦へ (21時32分)

マレー 新型コロナ陽性と公表 (20時26分)

西岡、大坂ら 豪へ向け出発 (19時06分)

トミック 全豪OP本戦入り (17時55分)

7分で決着「全てよくなってる」 (16時32分)

ツアー2勝目に「最高の気分」 (13時32分)

青山/柴原V「戦い続けた」 (11時28分)

全豪OP男子予選 16名が本戦へ (9時39分)

全豪女子 日比ら本戦出場者決定 (8時55分)

公式戦15連勝でキャリア9勝目 (7時02分)

1月13日

青山/ 柴原組 開幕戦でペア4勝目 (22時07分)

日比万葉 全豪OP初の本戦入り (20時57分)

【1ポイント速報】日比万葉vsラキモバ (20時40分)

わずか7分で試合終了しV (19時43分)

ダニエル太郎 全豪OP本戦逃す (18時17分)

失セット0で決勝戦に到達 (16時39分)

青山/ 柴原組 開幕戦でV王手 (16時17分)

杉田祐一 陽性から回復を報告 (15時07分)

初の決勝へ コルダ「幸せ」 (14時36分)

サバレンカ 単14連勝で決勝進出 (13時57分)

20歳コルダ、ツアー初の決勝へ (11時36分)

デ ミノー決勝へ ゴファン撃破 (10時29分)

日比万葉、全豪予選決勝に進出 (9時44分)

ダニエル太郎 全豪本戦入り王手 (8時18分)

1月12日

YouTube 綿貫陽介ラケバ公開 (20時31分)

快進撃で4強のコルダ「超満足」 (16時57分)

イズナー 全豪OP欠場を発表 (16時23分)

8度手術経験もツアー初4強へ (14時59分)

好調サッカリ、ケニン破り4強 (14時51分)

大坂 ヴィトンアンバサダー就任 (12時46分)

イズナー撃破 20歳コルダ4強 (11時19分)

新コーチ就任で開幕戦4強へ (10時15分)

全豪予選、日比万葉が2回戦へ (8時57分)

全豪予選 添田と伊藤は初戦敗退 (8時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!