- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第6シードの森田が快勝で2回戦へ◇BMWマレーシア・オープン

女子テニスツアーのBMWマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、賞金総額22万ドル、ハード)は28日、シングルス1回戦10試合が行われ、第6シードの森田あゆみ(日本)が予選勝者のN・ルアングナムに6-4, 6-0のストレートで快勝、2回戦に進出した。

この日の試合で森田は、第1セットでルアングナムに1度だけブレークを許したものの、2度のブレークでセットを先取すると、第2セットはベーグルと圧倒、1時間10分で初戦突破を決めている。

この他の日本勢では、瀬間友里加(日本)が昨年9月の韓国オープン以来となるツアー本戦に挑戦したが、J・クレイバス(アメリカ)に4-6, 6-1, 4-6のフルセットで敗れ、2回戦進出はならなかった。

第2シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)は、18歳のC・ガルシア(フランス)を7-6 (9-7), 4-6, 7-6 (7-2)の接戦で下し、何とか2回戦に進出するとともに、自身27度目の誕生日を勝利で祝った。

元女王のヤンコビッチは、第3セットに3本のマッチポイントをガルシアに握られたものの、そのピンチを切り抜け、2時間59分のマラソンマッチを制した。

「彼女との対戦が決まった時、何を想定すればいいのか分かりませんでした。湿気が高いコンディションでも、自分を鼓舞しました。第3セットで負けそうなときでも、自分を強く保てました。」

「ここでは2日しか練習する時間がなかったので、簡単ではありませんでしたが、彼女を褒めるべきでしょう。彼女は若く、失うものはありませんでしたし、プレッシャーをかけてきました。」

本戦に出場している選手で最年少であるガルシアを下したヤンコビッチは、2回戦で最年長37歳のクレイバスと対戦する。

2006年以来となるクレイバスとの対戦を前にヤンコビッチは「全く逆です。だけど、全ての試合は新しいもので、勝つために全力を尽くすだけです。できれば、今日よりも良いプレーがしたいです。」と、意気込みを語っている。

この他の試合の結果は以下の通り。

S・ポン(中国) (3) ○-× Y・モイスバーガー(オーストリア), 6-1, 4-6, 6-2
J・ガイドソバ(オーストラリア) (4) ○-× K・ヴォーレ, 1-6, 7-6 (7-2), 7-5
謝淑薇(台湾) ○-× A・ケタボング(英国) (8), 6-4, 7-5
Ka・プリスコバ ○-× K・チャン(台湾), 6-3, 6-2
Kr・プリスコバ ○-× I・ブレモン(フランス), 6-0, 6-2
C・デラクア(オーストラリア) ○-× B・ヨバノフスキ(セルビア), 6-0, 6-2
E・ダニリドー(ギリシア) ○-× S・ミルザ(インド), 6-2, 1-6, 6-4

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2012年2月29日10時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!