元世界6位撃破 22歳がツアー初V

ゲッティイメージズ
ツアー初優勝を飾ったドレイパー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は16日、シングルス決勝が行われ、第6シードで世界ランク40位のJ・ドレイパー(イギリス)がプロテクトランキング(負傷などで長期離脱した選手の救済措置)を使用し出場した同95位のM・ベレッティーニ(イタリア)を3-6, 7-6 (7-5), 6-4の逆転で破り、キャリア初のツアー優勝を成し遂げた。

>>【動画】22歳ドレイパーがベレッティーニ撃破、初のツアー優勝決めた瞬間<<

22歳のドレイパーは今大会、1回戦で世界ランク52位のS・オフナー(オーストリア)、2回戦で同54位のM・ギロン(アメリカ)、準々決勝で第4シードでのF・ティアフォー(アメリカ)、準決勝で同70位のB・ナカシマ(アメリカ)を下し決勝進出。これにより、次週の世界ランキングでは現在世界ランク39位のC・ノリー(イギリス)を抜きイギリス勢1番手となることが決定した。

そのドレイパーは決勝戦、元世界ランク6位で今季すでに1度ツアー優勝を飾っている28歳のベレッティーニと対戦した。第1セット、第4ゲームでブレークを許したドレイパーはブレークバックのチャンスを1度も掴めず先行される。

続く第2セット、第10ゲームでセットポイントとなるブレークチャンスを2度掴んだドレイパーだが活かせず。直後の第11ゲームではベレッティーニにブレークポイントを握られるも凌ぎタイブレークにもつれ込む。先にミニブレークを許したドレイパーだがその後2度のミニブレークに成功し1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、第6ゲームでブレークポイントを1度凌いだドレイパーは直後の第7ゲームでブレークに成功。その後のサービスゲームは全てラブゲームでキープし、2時間4分で勝利した。

ドレイパーは2023年11月のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)、そして今年1月のアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)と過去に2度ツアー大会決勝に進出するもいずれも準優勝。今回、“三度目の正直”でタイトルを掲げることとなった。

一方、敗れたベレッティーニは2019年と2022年に次ぐ3度目の大会制覇とはならなかった。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>


■関連ニュース

・コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中
・勝利直後に嘔吐、熱戦制し初戦突破
・31本エース 逆転勝ちで芝4強へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月16日23時45分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)