大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手

ゲッティイメージズ
決勝進出を決めたアンドレースク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのリベマ・オープン(オランダ/スヘルトーヘンボス、芝、WTA250)は15日、シングルス準決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク228位のB・アンドレースク(カナダ)が予選勝者で世界ランク138位のD・ガルフィ(ハンガリー)を6-4, 6-2のストレートで破り、決勝進出を果たすと共に優勝した2019年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来 約4年9ヵ月ぶりのツアー優勝に王手をかけた。

>>大坂 なおみvsジェン 1ポイント速報<<

>>アンドレースクらリベマOP組合せ・結果<<

23歳で元世界ランク4位のアンドレースクは負傷でツアーから離脱していたものの、前週の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で約10ヵ月ぶりに復帰。同大会では2試合に勝利し3回戦に進出した。

そしてサーフェスを芝に移し復帰2大会目としてリベマ・オープンに出場。第6シードのユアン・ユエ(中国)や元世界ランク1位の大坂なおみらを下し4強入りを決めた。

25歳のガルフィと顔を合わせた準決勝、アンドレースクは第1ゲームでいきなりブレークに成功。第4ゲームでブレークを返されたものの第7ゲームで2度目のブレークを奪い先行する。

続く第2セットではファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得したアンドレースク。3度のブレークポイントを凌ぐとリターンゲームでは2度のブレークに成功し、1時間31分で勝利した。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはアンドレースクのコメントが掲載されている。

「最高の気分。私が注いでいるすべての努力と忍耐力、そして決して諦めないことが本当に報われていると思う」

「試合全体を通して、とても良いプレーができたと思う。簡単ではなかったし、彼女は本当にいいプレーをした。彼女が少し怪我をしていたのは見ていて分かったけど、それで有利になるとは思わなかった。だから最後まで集中し、決して諦めないようにした」

勝利したアンドレースクは決勝で第2シードのL・サムソノヴァと第3シードのE・アレクサンドロワのどちらかと対戦する。この準決勝は雨天により第2セット終了時点で順延。スコアはサムソノヴァから6-3, 6-7 (1-7)となっている。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>


■関連ニュース

・コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中
・大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず
・大坂撃破「本当に勝ちたかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月16日16時26分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース