ローマ4強 トップ3シードが健在

ゲッティイメージズ
(左から)シフィオンテク、ガウフ、コリンズ、サバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)は15日、ボトムハーフ(ドロー表の下半分)のシングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・サバレンカと第13シードのD・コリンズ(アメリカ)の2名がベスト4進出を果たし、今大会の4強が出揃った。現地時間16日に準決勝2試合が開催される。

>>ズベレフ、チチパスらBNLイタリア国際組合せ<<

>>シフィオンテク、ガウフらBNLイタリア国際組合せ<<

トップハーフ(ドロー表の上半分)の準々決勝は14日に開催。第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と第3シードのC・ガウフ(アメリカ)がシードを守り、順当に4強入りを決めた。

ボトムハーフは第2シードのサバレンカが第9シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)を撃破。今季好調ながら今シーズンの現役引退を公表しているコリンズは第24シードのV・アザレンカをストレートで下している。

2021年と2022年の女王であるシフィオンテクが優勝候補ではあるが、昨年覇者のE・ルバキナ(カザフスタン)は不在。第1シードから第3シードまでが入り乱れるハイレベルな準決勝となる。

【BNLイタリア国際準々決勝の結果】

(1)I・シフィオンテク 6-1, 6-3 (18)M・キーズ(アメリカ)
(3)C・ガウフ 7-6 (7-4), 6-1 (7)ジェン・チンウェン(中国)
(2)A・サバレンカ 6-2, 6-4 (9)J・オスタペンコ
(13)D・コリンズ 6-4, 6-3 (24)V・アザレンカ

【準決勝の組合せ】

シフィオンテク vs ガウフ
サバレンカ vs コリンズ


【ディアドラ】普段使いにも取り入れたいスポーツウエア
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ナダル「これが最後」別れ告げる
・錦織 圭&全豪Jr王者の坂本 怜が練習
・逆転負けで大暴れ!ラケット破壊&握手拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月16日15時48分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)