3時間43分…今季女子ツアー最長試合に

ゲッティイメージズ
BNPパリバOPでのボリネッツ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのクレジット・ワン チャールストン オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTA500)は1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク110位のK・ボリネッツ(アメリカ)が同54位のA・ルス(オランダ)を6-2, 6-7 (6-8), 7-6 (8-6)のフルセットで破り、初戦突破を果たした。この試合は3時間43分という今季のWTAツアー最長の試合時間を記録している。

>>【動画】【動画】3時間43分 超ロングマッチ決着の瞬間<<

この試合、ボリネッツは2度のブレークに成功し第1セットを先取するも第2セットは2度ずつブレークを奪い合いタイブレークへ。タイブレークでは計11度のミニブレークが起きる展開となるなか、ボリネッツは2度目のセットポイントを凌ぎ切れずセットカウント1-1に追いつかれた。

第2セット終了時点で2時間を超えていた試合だったが、ファイナルセットはより激しいものに。第1ゲームで先にブレークされたボリネッツだが、直後の第2ゲームでブレークバックに成功。その後も3度ずつブレークし合い、タイブレークとなった。

タイブレークでは4-6と2本のマッチポイントを握られるもこれをセーブ。結果的に4-6から4ポイントを連取したボリネッツが1時間41分かかったファイナルセットを制し、計3時間43分という今季最長マッチをものにして初戦突破を決めた。

2回戦では第10シードのE・ナヴァッロ(アメリカ)と対戦する。今大会はシード勢が1回戦免除のためナヴァッロはこの試合が初戦となる。

今大会の第1シードはJ・ペグラ(アメリカ)、第2シードはO・ジャバー(チュニジア)、第3シードはM・サッカリ(ギリシャ)、第4シードはD・カサトキナとなっている。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・ATP・WTAツアー 中国で視聴可能に
・テニス界の重鎮が大谷翔平夫妻と交流
・大坂 4年2ヵ月ぶり国別対抗戦復帰へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年4月2日12時33分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)