全米準Vフェルナンデス初戦敗退

ゲッティイメージズ
初戦敗退となったフェルナンデス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、女子シングルス1回戦が行われ、第23シードのL・フェルナンデス(カナダ)はワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク139位のM・イングリス(オーストラリア)に4-6,2-6のストレートで敗れ、同大会のシングルスで初白星をあげることはできなかった。

>>ナダル、マレーら全豪OP組み合わせ<<

>>マレー、ダニエル 太郎、キリオス 1ポイント速報<<

昨年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を果たしブレイクした19歳のフェルナンデスだったが、この日は5本のダブルフォルトを犯すなどサービスで苦戦。イングリスに1度ブレークを許すと、リターンゲームではブレークチャンスを1度も握ることができずに第1セットを落とした。

第2セットでも主導権を握られたフェルナンデスは、2度のブレークを奪われるなど4ゲームを連取され敗北。試合を通してアンフォースドエラーを26本記録し、1時間23分で力尽きた。

四大大会のシングルスで本戦初勝利をあげた世界ランク139位のイングリスは2回戦で、同75位のC・ガルシア(フランス)と予選勝者で同168位のH・バプティスト(アメリカ)のどちらかと対戦する。

同日には第3シードのG・ムグルサ(スペイン)、第6シードのA・コンタベイト(エストニア)、第7シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第19シードのE・メルテンス(ベルギー)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月18日13時18分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)