錦織 18歳の新星に完敗

ゲッティ イメージズ
2回戦で敗れた錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク35位の錦織圭は18歳で同249位のL・ムセッティ(イタリア)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、6年連続6度目のベスト16進出とはならなかった。

この日、序盤から両者激しい打ち合いを展開。第4ゲームで錦織は予選から勝ち上がってきたムセッティの鋭いストロークにおされてブレークを許す。第8ゲームでは0-30とリードされた錦織はサーブ・アンド・ボレーなどでポイントを獲得し、サービスキープ。しかし、挽回できずに第1セットを落とす。

第2セットに入ってもムセッティの勢いは止まらず、錦織は強打やドロップショットを決められるとリズムを失う。第9ゲームのサービスゲームでは電気の障害で停電し、全コートのライトが一時消えるハプニングが起きた。

10分近くの中断後に試合は再開され、同ゲームで錦織はミスを重ねるとブレークされる。その後もムセッティに主導権を握られ、試合を通して1度もブレークできなかった錦織は完敗を喫し、2回戦で姿を消した。

錦織は前週のジェネラリ・オープン(オーストリア/ キッツビュール、レッドクレー、ATP250)で復帰して単複初戦敗退だったが、今大会の1回戦で世界ランク44位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を破り復帰後初勝利をあげていた。

一方、勝利したムセッティは3回戦で、第5シードのG・モンフィス(フランス)と予選から勝ち上がってきた世界ランク97位のD・ケプファー(ドイツ)の勝者と対戦する。

日本勢では世界ランク50位の西岡良仁も出場したが、2回戦で第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)にストレートで敗れた。同92位の内山靖崇、同94位の杉田祐一、同117位のダニエル太郎は予選で敗退した。

[PR]優勝記念特番「全米2度目の制覇!世界が称賛する大坂 なおみ 絶対女王への道のり」
9/21(月・祝)午後0:30

「全仏オープンテニス」
9月27日(日)~10月11日(日)
WOWOWで連日生中継!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 圭、大坂 なおみに同情
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年9月18日5時16分)
その他のニュース