国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

重要局面で誤審「審判も人間」

アレクサンダー・ズベレフ
主審とボール跡を確認するズベレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)は第3シードのC・アルカラス(スペイン)に3-6, 6-2, 7-5, 1-6, 2-6のフルセットの死闘の末に敗れ、四大大会で2度目の準優勝となり、初優勝とはならなかった。試合後の会見でズベレフはファイナルセットでの誤審について「審判だってミスをする。彼らも人間だからね」と語った。

>>【画像】重要な局面で誤審、テレビ中継で放送された画像ではわずかにアウト<<

>>アルカラスが初優勝 全仏OP組合せ・結果<<

世界ランク4位で27歳のズベレフは今大会、1回戦で元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を下し初戦を突破すると、その後2回戦で世界ランク115位のD・ゴファン(ベルギー)、3回戦で第26シードのT・フリークスポール(オランダ)、4回戦で第13シードのH・ルーネ(デンマーク)、準々決勝で第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、準決勝で第7シードのC・ルード(ノルウェー)を下し、大会初の決勝進出を決めた。

世界ランク3位のアルカラスと顔を合わせた決勝戦の第1セット、3本のウィナーに対し10本のアンフォーストエラーを犯したズベレフは3度のブレークを許し先行される。それでも第2セット、第5ゲームでアルカラスのミスを誘い先にブレークを果たすと第7ゲームでもブレークを奪い1セットオールに追いつく。

そして第3セット、ズベレフは第6ゲームで先にブレークを許すも、第9ゲームでブレークバックに成功。第11ゲームではラリー戦を制して2度目のブレークを奪い、セットカウント2-1と勝利に王手をかける。

しかし第4セット、第2ゲームでアルカラスにパッシングショットを決められブレークされると、そのまま4ゲームを連取される。その後1度はブレークを返すも追いつくことはできず、勝負はファイナルセットにもつれ込む。

迎えたファイナルセット、ズベレフは第3ゲームで先にブレークを奪われるも直後の第4ゲームでブレークバックのチャンスを得る。40-15とした場面ではアルカラスのセカンドサービスを線審がフォルトの判定。ダブルフォルトによりズベレフがブレークバックに成功したかに見えたが主審がボールの跡を確認し判定をインに覆した。

しかし、その後、テレビ中継で流れたビデオ映像ではわずかにアウトとなっており、実際はフォルト。重要な局面でブレークバックとなるはずだったが、試合はそのまま行われ、結果的に第7ゲームで2度目のブレークを許したズベレフは4時間19分で力尽きた。

ズベレフは2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続き、四大大会で2度目の準優勝となった。

試合後の会見でズベレフは「今日は全力を尽くしたと思う。第5セットでは不運な瞬間もあった。(ゲームカウント)2-1でセカンドサーブがアウトになったと聞いた。ホークアイの映像から、そのことが分かった。僕はそこでブレークしていたかもしれないけど、それが現実。彼は素晴らしいプレーをした。第4セットと第5セットは僕よりも良いプレーをしていた。それが現実なんだ。今回のグランドスラム決勝では全力を尽くしたと感じている。全米オープンでは自分に負けてしまったような感じだったので少し違う」とコメントした。

また、ファイナルセットで起きた誤審について質問を受けたズベレフは次のように答えている。

「第5セットで(ゲームカウント)3-1で負けているのと2-2に追いついているのとでは違いがある。それは決定的な違いだね。フラストレーションがたまるけど、それが現実。審判だってミスをする。彼らも人間だからね。でも、もちろん、ああいう状況ではミスがないことを願うものだね」

一方、優勝を飾ったアルカラスは全仏オープン初制覇。四大大会では2022年の全米オープン、2023年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続き3つ目のタイトル獲得となった。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・アルカラス、ナダル抜く史上最年少記録
・アルカラス 死闘制し全仏OP初V
・ズベレフ 全仏OP準V「戻ってくる」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年6月10日8時53分)

その他のニュース

6月17日

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!